鍼灸治療では、なぜ血がでないの?鍼では、ほとんど出血しません!

鍼灸治療

鍼灸治療は血がでないの?

鍼灸治療イラスト
一般の方には、鍼灸治療をすれば血が出ていると思っている方も多いです。
ですが、ほとんど血は一滴も出ません。

まれに出ることもありますが、すごくまれです。
じゃあ何故、血が出ないのでしょうか?
その理由も一緒にご説明します。

鍼を刺しても血が出ない理由

鍼イラスト
鍼を体に刺しても血がでないのには大きく2つの理由が挙げられます。

ポイント
  • 理由1:鍼が細い
  • 理由2:血管には、刺さない

ぶっちゃけ鍼灸師

これら2つの理由によって、鍼を刺しても血がほとんどでません。
では、これら2つの理由についてもう少し解説します。

1,鍼が細い

鍼灸治療に使われる鍼は、注射針のおよそ10分の1の細さです。
直径にしてだいたい0.2mmくらいです。

身近にあるものとしては、髪の毛と同じくらいの細さです。
髪の毛ほどの細さなので、毛細血管すら傷つけません。
だから鍼を刺しても血がほとんど出ません。

基本的には、皮膚を通過して筋肉に刺しています。

2,血管には、刺さない

鍼灸治療に使われるツボは、全身に存在します。
がしかし、あえて血管には鍼を刺しません。

ほとんどが筋肉や皮下脂肪を狙うので、血はほとんど出ません。

それでもまれに、血は出ます。

絆創膏イラスト
鍼灸治療で、ほとんど血はでないのですが、それでもまれに血はでます。
鍼を刺すときに、見える血管は避けるのですが、奥の方にある毛細血管までは見えないのです。

ですから、まれに出血するのですが、出たとしても少量です。
10秒ほど圧迫すれば、ほとんど止血します。

ですので、まったく問題ありません。

出血した理由は、悪い血が溜まっているから!?

体の悪い血のことを瘀血おけつと言います。

悪くなっているところは、瘀血が溜まり、渋滞している状態なので、鍼を刺したら出血しやすい(悪い血が出たがっている)と表現することもあります。

鍼をしたときに、出血したほうが良い?
鍼をしたときに、出血してしまうと「下手くそだから血が出た」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはまったくありません。
かえって、血が出たほうが治療効果が高まるのです。

なぜなら、古い血が出血したあとは、新しい血が流れてきます。
この新しい血は、酸素・栄養素を多く含み細胞の代謝を高めるからです。

新しい血が流れたほうが、患部の細胞が元気になるために、鍼灸治療としては喜ばしいこととされいます。
そして、さきほども説明しましたが、血が出血しやすくなっているのは、そこに悪い血(瘀血)がたまって、血管が怒張(ふくらんでいる)しているためです。

わざと出血させる治療方法もある

ポイント
実は、鍼灸治療ではわざと血を出して効果を得る治療方法があります。
瀉血しゃけつと呼ばれる治療テクニックで、日本だけでなく世界中で昔からこのテクニックは愛用されてきました。
この瀉血も、古い血を出して、新しい血を流すことにより、症状の改善を計るものです。

がしかし、現在の日本では、法律でこの瀉血(わざと血を出すテクニック)は、医師しか認められておりません。
鍼灸治療中に、偶然に出血してしまうことは、法律的に問題ありません。

このページのまとめ

  • 鍼灸治療において、鍼を体に刺しても血はほとんど一滴も出ない。その理由は、鍼がすごく細いため。
  • まれに、毛細血管に刺さり、出血することもがるが、すぐに止血するのでまったく問題ない
  • 鍼灸治療中に、血がでることは東洋医学においては喜ばしいこと(効果が高い)です。その理由は、悪い血が出ていき新しい血が、周囲の細胞を活性化させるため

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です