鍼灸治療の後にマッサージをしてもいいの?

鍼灸治療の後にマッサージをしてもいいのか?ズバリ!

考える主婦
鍼灸治療は、はりお灸をしますよね。
でも、「その後にマッサージをしてもいいの?」って、気になる人もいると思います。

2つのパターンが考えられます。

ポイント
  1. 鍼灸院に行って、同じ日にマッサージ(よその店)を受けに行くパターン
  2. 鍼灸院に行って、治療の後にマッサージ(同じ店)をしてもらったパターン

この2つにわけて、「ぶっちゃけ鍼灸師」がお答えします。

1:鍼灸院に行って、同じ日にマッサージを受けに行くパターン

鍼灸治療
あなたが、鍼灸院に行って治療を受けたとします。

その後に、

ポイント
「なんか物足りないな~」
「マッサージがしてほしくなったな~」

このように思って、別のお店にマッサージを受けに行くことは、おすすめしません
なぜなら、体への刺激(量)が多すぎるからです。

体への刺激が多すぎると、どうなるのか、、、

体がだるくなったりします。
また、場合によっては、治療効果が薄れたりします。

マッサージを受けに行きたくなる気持ちもわかりますが、とりあえずその日は、様子をみたほうがいいでしょう。
翌日に、マッサージを受けに行くことは、なんの問題もありません。

2:鍼灸整骨院に行って、治療の後にマッサージをしてもらったパターン

【鍼灸院・整骨院】では、鍼治療の後に、マッサージをしてくれる場合があります。

この場合は、マッサージをしても大丈夫です!
お灸のようす

ポイント
なぜなら、鍼灸治療の後に、マッサージをすることは、まったく問題ありません。
はりは、注射と違い細いです。(0.02mm)
なので、皮膚はほとんど損傷をしていません
ポイント
お灸の場合でも、ほとんどの場合が、火傷しない温灸おんきゅう」(温めるだけ)というものを使用しています。
なので、マッサージをしても問題ありません。
ポイント
体への刺激(量)についても、問題ありません。
なぜなら、鍼灸治療もその後のマッサージも、同じ場所(治療院)で行いますよね。
つまり、刺激量はちゃんと計算されているからです。

「鍼灸治療の後にマッサージはいいの?」まとめ

ぶっちゃけ鍼灸師

  • 自分の判断で、よそのマッサージに行くのはダメ
  • 先生の判断で、おなじ治療院で受けるのは良い

ということになります( ^∀^ )
参考にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です