水ぶくれは、針でつぶしていいの?放置したほうがいいの?

【水ぶくれ】をつぶしていいの?放置がいいの?

指の水ぶくれ
火傷してできた【水ぶくれ】、、、気になりますよね。(^_^;)
また、お灸で【水ぶくれ】ができることもあります。

では、この【水ぶくれ】は、でつぶしてもいいのか?
それとも放置したほうがいいのか?

ポイント
結論から言えば、針でつぶしてもいいです。
※ただし、条件つきなので、続きをしっかりお読みください。

条件1 つぶしてもいいのは、火傷の【水ぶくれ】

火傷による水ぶくれ
つぶしてもいいのは、ちゃんと理由がわかっているときの【水ぶくれ】です。
ほとんどが火傷とか、皮膚がこすれたときにできる場合ですね。

この【水ぶくれ】なら、針でつぶしてもOKです。

ポイント
しかし中には、自分で身に覚えのない【水ぶくれ】があります。
これは、神経とかウイルスとかが、関係している場合です。
この場合は、つぶさないで、すぐに皮膚科にいきましょう!
(特徴としては、【水ぶくれ】が複数できる場合です。)

条件2 衛生面にかなり注意する!

水ぶくれに針を刺しているところ
【水ぶくれ】を針でつぶしたときに、一番怖いのが感染です。
なぜなら、人間の体は、皮膚というバリアで守られています。

空気中には、いろんな細菌やらウイルスがウジャウジャといるので、皮膚がないと、あっという間に感染します。

ポイント
【水ぶくれ】を、針でつつくと、が空きますよね?
その穴から、感染する危険性があるのです!

刺す針も、消毒しないといけない。

特に注意したいのが、刺す針です。
この針が汚れていると、バイキンを体内に、入れているようなものです。
必ず、消毒をした針を使用するようにしましょう。

もちろん、患部の消毒や処置も徹底的にしないといけませんよ。

条件3 次の人は、【水ぶくれ】をつぶさないようにしましょう。

赤ちゃん

ポイント
  • 子供
  • 老人
  • 妊婦
  • 病気をしている人
  • 免疫力が弱っている人
なぜ、この人たちが、いけないのかといいますと、
人間は、皮膚のバリアがなくても、免疫力でバイキンをやっつけてくれます。
ところが、上記の人たちは、そうはいかないのです。

ポイント
子供や老人は、免疫力が弱い
妊婦は、もし、感染してしまったときに、胎児への悪影響が心配
病気をしている人は、免疫力が下がっているので、ダメ。

条件4 皮膚を破ってはダメ

水ぶくれをつぶして体液がでるようす

ポイント
言いたいことは、針で刺すのなら、まだピンポイント(最小限)ですが、
皮膚を破ると、それだけバリアがなくなります。
もし、皮膚を破ると感染のリスクが上がります!
なるべく、穴を最小限にすることを意識しつつ、水を出してください。

【水ぶくれ】を針でつぶしたほうが早く治る?

水ぶくれをつぶしたあと
これは、早く治るというよりは、早くしぼむという表現が正解です。
もし、【水ぶくれ】をつぶさなかったら、水が吸収されるのを待たないといけません。
だいたい1か月~2か月もかかります。(炎症(えんしょう)はすでに治まっている)

ポイント
炎症(えんしょう)とは、皮膚の火傷によるダメージのこと
ところが、水を出すと、その場でしぼんでいきます。
(水を抜いても、患部の炎症は、3~7日は続いているでしょう。(程度による))

ポイント
つまり、針でつぶすことによって、炎症が治るわけではなく、
「水をその場で抜くことができる。」というだけのことです。
水を抜いたら、傷が早く治るわけではなくて、しぼんだから治ったように見えただけです。

【水ぶくれ】でおすすめの方法は【防水フィルム】

【水ぶくれ】を、たとえ針でつぶさないにしても、
日常生活で、不意につぶしてしまうこともありますよね。

そんなときにおすすめなのは、防水フィルムです。
これを貼っておくだけです。

ポイント
空気は通すので、貼ったまま1か月でも放置して大丈夫です。
薬局のばんそうこうコーナーにて売っています。

最後に!

ぶっちゃけ鍼灸師

【水ぶくれ】は、針でつぶしてもいいと伝えました。
ですが、最悪、感染の可能性もあります。
そこは自己責任でお願いいたします。

ちなみに、私は「つぶす派」です。( ^∀^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です