お灸は熱いほうがいいの?我慢したほうがいいの?

お灸は熱い方がよく効くのか?我慢したほうがいいのか?

ぶっちゃけ鍼灸師

こんにちは。
ぶっちゃけ鍼灸師です。

お灸は、「熱いほうがよく効く!」というイメージをお持ちだと思います。
がしかし、実際のところは、2つの意見に分かれます!

どういうことか、1つずつ説明していきますね!

意見1:お灸は熱いほうがよく効く!

腰のお灸
やっぱりお灸は熱いほうがよく効きます(^_^;)
だって、昔ながらのお灸を考えるとよくわかります。

本来のお灸というのは、火傷を起こして、その修復過程(炎症えんしょう)の効果を受けるものです。
修復過程(炎症)によって、患部では、白血球・血流量が増加するわけです。

つまり、お灸によって患部の新陳代謝が、著しくアップするわけです!

これを考えると、「お灸は熱いほうがよく効く!」と言えますね!

意見2:お灸は熱くなくても効く!

複数人でお灸
実は、お灸は熱くなくても、よく効きます(*^ω^*)
お灸が熱くなくても、人間の脳では、しっかりと熱さを感じています。

心配しなくても、皮膚のセンサーは、想像以上に敏感です。

ツボに心地よいぐらいの、温熱刺激を与えてやるだけでも、内臓に刺激が伝わります。
結果的に、内臓の調子が整って、病気を治すというわけです。

結論!どっちがいいの?

 

ぶっちゃけ鍼灸師

さて、お灸の熱さには2つの意見がある!とご説明しました。
じゃあ、「どっちがいいの?」と聞かれら、結論はこうです↓

ポイント
お灸は、1回の熱さを我慢するよりも、「心地よさのほうが重要!」

  • もし、熱いお灸が好きならば、熱いお灸を続けたらいいです。
  • もし、温かいお灸が好きならば、温かいお灸を続けたらいいです。
ポイント
一番重要なのは、長く続けたほうが、効果が上がる!ということです。

鍼灸院に行ったら、熱いお灸?熱くないお灸?どっちをやられるの?

どっちのお級かどうかは、その先生の考えによって変わってきます。
ホームページなどがある場合は、事前に調べるとどちらのお灸を使用しているのか、確認できます。

現状では、熱くないお灸のほうが多い

現状の日本国内では、熱くないお灸を愛用している鍼灸院のほうが多いです。
理由としては

ポイント
・熱いお灸だと、患者さんから嫌がられる
・熱いお灸だと、数日間、痕が残る(米粒くらいのお灸の痕は2週間ほどで消えます)
・熱いお灸(透熱灸とうねつきゅう)のほうが、手間がかかる
これらの理由から、熱くないお灸(温灸)を利用している先生のほうが多いです。

鍼灸院でやってもらう、お灸が熱かったら、、、

鍼灸治療

鍼灸院で、やってもらうお灸が「ちょっと熱い、、、」と感じたら、鍼灸師に相談してみましょう。
無理に我慢する必要はありません。
鍼灸師という立場で言わせてもらうと、相談してもらうほうが、一番ありがたいです。

ただし、ツボ・体調・症状によっては、あえて熱いお灸をすえる場合もあります。
なので、まずは相談してみて、鍼灸師からの説明を受ける方が、納得できますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です