五十肩とは?肩こりと五十肩の関係についても解説!

五十肩 イメージ

五十肩ごじゅうかたってなんなの?

整形外科医
五十肩ごじゅうかたってみなさんも聞いたことある思います。
でもみなさん、よく勘違いされてるのが、50歳で起こる病気だと思っているんですね。
五十肩は年齢に関係なく40歳でも、60歳でも起こります。
ただ、50代に多いので、五十肩という名前がつきました。


五十肩の正式名称
五十肩の正式名称は、肩関節周囲炎かたかんせつしゅういえんといいます。
ようは、肩の関節の炎症です。
肩の関節に炎症が起こり、痛みがある。
そして、関節が固くなり腕が上がらないという症状です。

五十肩の判別方法はこれ!

女医
五十肩には特徴的なポイントがあります。
もし、当てはまるなら、整形外科や整骨院に行くようにしましょう。
放っておいても、五十肩は治りません!

五十肩の判別方法
  1. 夜間に肩がうずく
  2. に手がつかない(届かない)
  3. に手がつかない(届かない)
  4. 反対の肩に手がつかない(届かない)

などがあります。
詳しくは⇒五十肩のチェックテストをご確認ください。


また、五十肩というのは、すぐになるものではありません。
じょじょに「重だるいな、、、腕が上がらないな、、、」から始まってきます。
なので、その段階から、整骨院や鍼灸院マッサージなどをうけると、そこまでこじらせなくても済むのです。

じゃあ、五十肩になってしまったら、、、どうすればいい?

鍼灸師

ぶっちゃけ鍼灸師

五十肩に対処法ですが、「激痛の場合」「激痛じゃない場合」にわけて考えましょう!

激痛の場合、、、

まず、激痛の場合は整形外科に行きましょう。
なぜなら激痛の場合は、五十肩ではなく、建版損傷けんばんそんしょうや、石灰沈着せっかいちんちゃくなどほかの要因も考えられます。
その場合は、整形外科での診察をまず受けましょう!

激痛でない場合は、、、

痛いけど、激痛ではないなら、「整骨院・鍼灸院・マッサージ」などの治療を受けましょう。
もし、そこで、先生が「おかしい、、」と思ったらすぐに病院への診察を促してくれるでしょうから、一番最初に病院でなくても大丈夫です。

自分では治せない
また、五十肩というのは、本当に痛いので、自分で治すのはちょっと無理だと思います。
なので、肩の構造を知っている専門家に治療してもらったほうがいいです。
民間資格の「整体・カイロ」にて、五十肩を治してくれる場所もあります。

五十肩がなかなか治らない、、

理学療法士
五十肩が長引いて困っている方は多いと思います。
腕が上がらないので、日常の生活にも支障がでます。

ぶっちゃけ鍼灸師

ここからは、私の独断の意見です。
五十肩には、治りやすい五十肩と治りにくい五十肩があります。

治りにくい五十肩
治りにくい五十肩は、本当の五十肩ですね。
治るのに1年くらいの期間を要したりします。

治りやすい五十肩
もう一つは、治りやすい五十肩ですね。
この治りやすい五十肩というのは、もう五十肩ではありません。
ただ、肩や腕まわりの、筋肉が硬くなり、痛みのために、腕が上がりにくくなっているだけなのです。

問題は、このただの筋肉の緊張(こり)を、五十肩と思い、治療を長引かせる、先生がいるということです。
肩の治療は難しいものなのですが、もうすこし、筋肉におもきをおいて治療すれば、この「にせ五十肩」は、もうすこし治りは早いと思います。

通っても治らない場合
また、治療院に3ヶ月くらい通っても、治療後の肩の痛みがまったく引かない、
腕の上がり方が変化しないという場合は、治療院を変えてみるのもよいでしょう。

このページのまとめ

  1. 五十肩とは正式名称を「肩関節周囲炎」といい、肩関節の周りで炎症を起こしている状態。痛みによって腕を上に挙げられない状態をいう
  2. 五十肩は年齢は関係ない。50代に多かったのでそのような名前がついた。(四十肩もまったく同じ)
  3. 五十肩は自分で治すのは難しいので、専門科に見てもらうとよい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です