小児虚弱体質のツボ!疲れやすい・風邪を引きやすいお子さんに!

小児虚弱体質しょうにきょじゃくたいしつのツボ!

小児科診察

  • 子供の痩せ型、、、
  • 子供の血色が悪い、、、
  • 子供が疲れやすい、、、
  • 子供が風邪を引きやすい、、、

小児虚弱体質しょうにきょじゃくたいしつを心配する母親も多いと思います。
それならば、小児虚弱体質のツボを使ってみるといいでしょう。
お子さんがみるみる元気になりますよ!(*^ω^*)

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、画像を使ってツボをわかりやすく解説しています。
鍼灸師が監修していますので安全に使えるツボです。

小児虚弱体質のツボその1 【身柱しんちゅう

ツボ身柱

身柱しんちゅう】の場所

首を下に向けた時に、一番でっぱるから
山を4つ下がったところのくぼみがツボ

身柱の探し方

身柱しんちゅう】の押し方

つまようじの柄(丸いほう)の部分で、軽くツンツンしてください。
※強くしなくても、軽くで結構です。

ポイント
お灸のほうが効果があります。
もし、お灸を子供が熱がったら、すぐに外しても効果があります。
火傷には十分ご注意ください。

小児虚弱体質のツボその2 【大椎だいつい

小児虚弱体質のツボ大椎

大椎だいつい】の場所

首の後ろを下に向かってなぞります。
そのときに、一番最初に触れるから
1つ分骨を下りたところのくぼみが大椎です。

子供の大椎探し方

大椎だいつい】の押し方

  • つまようじの柄の部分でトントンする。
  • もしくは、指でギューっと指圧しましょう。
  • 5秒間を5回が目安です。
    ※お灸のほうが効果があります。

小児虚弱体質のツボその3 【腎兪じんゆ

ツボ腎兪

腎兪じんゆ】の場所

腰のくびれ(ウエストライン)の高さにあり
背骨から子供の指2本分外側。
左右にある。
ツボ腎兪の見つけ方

腎兪じんゆ】の押し方

指で軽く指圧をしましょう。
子供が痛みを感じない程度の指圧で十分です。

小児虚弱体質のツボは、お灸のほうが効果的です。

体質を変化させるのには、お灸によるツボ治療のほうが効果的です。
お灸といってもせんねん灸でOKです。
せんねん灸は、薬局・通販などで簡単にてにはいります。
子供でも、我慢できる熱さですが、あまりに熱がる場合は、とちゅうでお灸を外してもOKです。

小児虚弱体質のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

体質改善が必要なので1ヶ月ほどは続けてみましょう。

小児虚弱体質のツボの効果を高めるためにして欲しいこと

体の元気を東洋医学で考えると「腎」という分類に入ります。
「腎」を衰えさせないためには、睡眠をたっぷり取る必要があります。
子供さんが夜更かしせずに、睡眠をしっかりとるようにすると、ツボの効果も高まりやすくなります。

子供の免疫力を上げるには?

子供や大人に限らず、免疫力を上げるには、
腸内フローラ(腸内環境)が大事です。
腸内フローラを整えるには、食べ物が大事です。
健康的な食事

昔から、医食同源いしょくどうげんと言います。
意味は、健康には食べ物が重要という意味ですが、まさにそのとおりなのです!

では、よくない食べ物とは?

まず、食品添加物を食べさせないことです。

  • コンビニの食べ物
  • スーパーの惣菜
  • お菓子
  • ファーストフード
  • 冷凍食品
  • 加工食品

グミ
などなど、まさに現代の子供達は、食品添加物を摂り過ぎて育っているのです。
これでは、小児虚弱体質になる子供が増えるのも仕方ありません。
まずは、食品添加物を減らすことから始めてください。

ポイント
食品添加物は、腸内で未消化となり毒素となり、悪玉菌が増える原因となるだけです。
この食品添加物こそが、小児アレルギー小児喘息小児アトピーなどの原因になっています!
食品添加物を減らし、自然のものを食べさせてあげることにより、体も丈夫になってくると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です