胃もたれのツボ!消化不良からきている胃もたれに効果あり!

ぶっちゃけ鍼灸師

胃もたれがあると、つらくて仕事どころではないですよね。

こちらでは胃もたれのツボを画像で2つ紹介しています!
鍼灸師監修にて、わかりやすいので参考にしてくださいね!↓

胃もたれに効果のあるツボ2つ!

胃もたれのツボ その1【太白たいはく

太白ツボ
太白たいはくと読みます。

【太白】ツボの場所

ツボ 太白の探し方1

足の親指の内側に指を置きます。

ツボ 太白の探し方
足の表と裏の色の境目をたどりながら、
かかとの方へ人差し指をなぞっていき、指が最初に止まる所です。
へこんでいます。

【太白】ツボの指圧方法

ツボ 太白の指圧方法
親指で指圧すると、押しやすいです。
お灸も効果的です。

胃もたれのツボ その2【衝陽】

ツボ衝陽 しょうよう
【衝陽】しょうようと読みます。

【衝陽】 ツボの場所

衝陽の探し方1
足の甲にあるツボです。
足の人差し指中指の付け根から

衝陽の探し方2
足首の方へ3㎝ほど下がり
へこんでいるところです。
骨と骨の間にあります。

【衝陽】 ツボの指圧方法

衝陽の指圧方法
図のように親指で指圧して下さい。
お灸も効果的です。

胃もたれのツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧によるツボ刺激よりも、お灸のほうが効果的です。
せんねん灸で構わないのでおすすめしておきます。
せんねん灸は、薬局・通販で手に入ります。

胃もたれのツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間ほどは続けてみましょう。
できれば、その2週間は、消化の良いものを食べるようにこころがけてください。
また、腹八分目にしておくことも重要です。
食欲がない場合は、ムリに食べる必要はありません。
1食抜く程度なら、胃腸を休めるのでおすすめです。

胃もたれのツボの効果を高めるためにして欲しいこと

ストレスに注意してください。
ストレスを感じると人間は自律神経の交感神経が優位となります。
この交感神経優位の状態では、胃の動きをにぶくしてしまい、胃もたれの原因となるので注意が必要です。

胃もたれとは?

胃の不調 イラスト
胃もたれとは、食べ物が胃に残っているようで、胃が重たく感じたり、胸やけがするような症状をいいます。

胃もたれの原因は?

胃もたれの原因としては、食べ過ぎにより、消化が追いつかない状態です。

また、食べ過ぎじゃなくても、普段から消化機能が低下しているために、消化が追いつかない場合があります。
これには、ストレスや加齢による胃の機能低下が考えられます。

胃もたれを治すには?胃に優しい生活をしよう!

胃 イラスト
胃もたれのツボを紹介しました。
ツボの効果で、胃の消化能力はアップします。

ですが、食べ過ぎてしまうと消化が追いつかなくなるので気をつけましょう。

ポイント
また、以下のポイントもおさえましょう↓

  • ゆっくりとよく噛んで食べる
  • 消化に悪いお肉や脂っこいものを控える
  • ストレスに気をつける

最後に!ツボでも治らない場合は?

医者の診察
ツボを刺激しても、なかなか胃もたれが改善しない場合は、慢性胃炎の可能性もあるので、一度、病院でみてもらいましょう。

放っておくと、胃潰瘍や胃ガンなどのリスクが高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です