血小板減少性紫斑病のツボ

血液イメージ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、血小板減少性紫斑病のツボを画像でわかりやすく解説しています。
東洋医学によるツボは、副作用がありませんので、安心してお試しください。

「血小板減少性紫斑病」けっしょうばんげんしょうせいしはんびょうのツボ6つ

血小板イラスト

ポイント

血小板減少性紫斑病のツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧でなく、お灸のほうが効果がありますのでおすすめします。
せんねん灸でOKです。

血小板減少性紫斑病のツボ1日に何回するといいの?

1日1回のお灸を目安にしましょう。

血小板減少性紫斑病のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

体質改善が必要なので1ヶ月は続けてみましょう。

「血小板減少性紫斑病」のツボは効果があるのか?

お灸イラスト
「血小板減少性紫斑病」は、免疫異常によって起こる病気です。
しかし、「なぜ免疫の異常が起こるのか?」その原因はわかっていません。

ですが、内蔵の機能を高めると、免疫力がアップします。
つまり、ツボにお灸することによって、内蔵の機能が高まりますので、
「血小板減少性紫斑病」が【改善・緩和】という効果は期待できると思います。

免疫力アップにかかせない3つのこと

鍼灸師 マルサイン
免疫力がアップすると、「血小板減少性紫斑病」が【改善・緩和】するかもしれません。
では、免疫力アップにに欠かせない3つのポイントを紹介します。

1:消化しやすい食べ物にする

消化しやすい食べ物は野菜&果物です。
なので、野菜&果物をメインとした食生活を送ってください。
消化しやすいと、腸内環境が整いやすくなるので、免疫力がアップします。

2:ストレスを溜めない

腸 イラスト
は密接な関係があります。
脳腸相関のうちょうそうかんと言って、たがいに影響を及ぼし合うのです。
免疫細胞の70%が、腸に存在していることが明らかになっています。
つまり、ストレスが免疫力を下げてしまうのです。
なるべくストレスを溜めないようにしてください。

3:笑う

笑うと、免疫力が上がることが知られています。
実際に、治療法として取り入れている病院も存在しています。
毎日、たくさん笑うようにしましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です