色覚異常(色盲・色弱)のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは色覚異常(色盲・色弱)を改善するツボを画像でわかりやすく解説しています。

色覚異常(色盲・色弱)のツボについて

ポイント
  • 色盲よりも、色弱のほうが改善しやすいというデータがあります。
  • 指圧よりもお灸の方が効果的ですが、髪の毛・目の近くのツボは、無理にお灸をしないほうがいいでしょう。
  • 本格的に、治療をしてみたい人は、お近くの鍼灸院にて、相談してみるといいでしょう。

色覚異常(色盲・色弱)のツボはこちら

ポイント

天牖の場所はこちら

ツボ天牖

ポイント
  • 耳の後ろにある骨のでっぱりを探す
  • そこから後ろ斜め下に下がる
  • くぼんでいて押すと痛い場所
  • すじ(筋肉)のフチにとる
天牖の位置

臂臑の場所はこちら

ツボ臂臑

ポイント
  • 腕を上げた時にできるくぼみを探す
  • くぼみから、指4本分下
  • へこんでいて押すと痛い場所
臂臑の場所

色覚異常(色盲・色弱)のツボは1日に何回、押す(お灸する)といいの?

1日1~2回が目安です。

色覚異常(色盲・色弱)のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1ヶ月ほどは続けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です