強皮症のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、実際に中国での強皮症の治療に使用されたツボを画像でわかりやすく解説しています。
治療法が確率されていない強皮症ですので、東洋医学のツボをぜひ参考にしてください。

強皮症のツボ9つ

メモ

お灸が効果的です。

強皮症のツボ1日に何回するといいの?

お灸を1日1回がおすすめです。

強皮症のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

症状が軽くなっていくのであれば、継続して続けることをおすすめします。
最低でも、毎日を2週間ほど続けてみましょう。

強皮症とは

  • 皮膚が硬くなる症状です。
  • 原因不明とされています。
  • 現在では、確立した治療法がありません。

強皮症を東洋医学で考える

東洋医学で考える
強皮症は自己免疫疾患じこめんえきしっかんの一つと言われています。
東洋医学で自己免疫疾患を治療する場合、ポイントは3つです。

メモ
  1. 内蔵の機能を整える
  2. 食生活を変える
  3. ストレスを減らす

それぞれをもう少し詳しく解説します。

1:内蔵の機能を整える

メモ
現代人は、さまざまな理由で内蔵の機能が弱っています。
そのために、いろんな病気を引き起こします。
ツボにお灸をすることで、内蔵の機能が回復するので、ぜひ参考にしてください。

2:食生活を変える

メモ
免疫力と食べ物は重要です。
なぜなら、食べ物は腸内に運ばれますよね。
腸内環境が悪いと、免疫力も低下するのです。
おすすめの食事は、野菜・果物をメインにすることです。
プラスして豆類・海藻類・きのこ類をバランス良く食べましょう。
肉類は、減らしたほうがいいです。

3:ストレスを減らす

メモ
ストレスは、血流を低下させたり、免疫力を低下させる原因となります。
なので、自己免疫疾患の場合、ストレスを減らすことは重要です。
深く考えすぎないようにしたり、日頃から笑うようにすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です