難産のツボ

もし、難産で困っているなら、ツボを刺激してみると効果的な場合があります。

ポイント
例えば、、、

  • 後○○日で、生まれなかったら帝王切開になってしまう、、、
  • 難産で苦しまずに、スムーズに出産したい、、、

このような場合は、難産のツボを刺激してみてください。

難産のツボはこちら

ポイント

難産にツボは効果あるの?

妊婦と赤ちゃん
ツボを刺激することにより子宮を収縮させたり、子宮口を開いたりする効果があります。

強い刺激はおすすめしません

ポイント
出産前の体はデリケートなので、ツボによる強い刺激はおすすめしません。
強い刺激とは、

  • ツボを痛いほど刺激すること
  • お灸をすること

などです。

ツボ自体に副作用はありませんので、難産のツボを安心してお使いいただけますが、くれぐれもかる~い刺激程度にとどめておきましょう。
ツボの皮膚が、ややへこむくらいに軽く、こする感じで良いでしょう。

もしくは、ツボをホッカイロなどで、かる~く温めてあげるのもよいでしょう。
ツボ1ヶ所につき5分位刺激を与えます。
それを1日3セットして様子をみましょう。

難産のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

予定日になっても、陣痛の始まる気配がない場合は、陣痛が始まるまで、続けてみましょう。
※先ほどももうしあげたように、軽い刺激で結構です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です