緑内障のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、緑内障に改善効果のあるツボを画像でわかりやすく解説しています。
また、緑内障のツボについての注意点も最後に解説していますのでぜひ参考にしてください。

緑内障のツボはこちら

行間の場所はこちら(画像解説)

ツボ行間

ポイント
  • 親指の関節の骨(一番てっぺんの場所)から、左斜め下に下がる
  • くぼんでいて、押すと痛い場所がツボ(行間)
行間の場所

紹介したツボで有効な緑内障はこれ

ポイント
  • 慢性的(長期的)に起こるもの
  • ハッキリとした原因がないもの
  • 開放隅角かいほうぐうかく緑内障

※これらの特徴がある緑内障は、ツボが有効です。

緑内障のツボの刺激方法について

お灸のほうが効果的だと思います。
ただし、紹介したツボの晴明は、目が近いので火傷に十分注意してください。
(必ず、目をつぶった状態でするようにしてください。)

また、お近くの鍼灸院に、緑内障として相談されてもいいと思います。

ポイント
緑内障にて「手術をしたくない」「薬を飲みたくない」という方は、まず【緑内障のツボ刺激】を試してみてはいかがでしょうか?

緑内障のツボは1日に何回、押すといいの?

お灸なら1日1回
指圧なら1に2回が目安。

緑内障のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

1~2ヶ月ほど続けてみましょう。

2 COMMENTS

安斎高司

本当に緑内障が治るのでしょうか?
進行を抑えるのではなく。

治るのであれば、試したいです。

左右とも1/4中央上部が欠損です。

返信する
ぶっちゃけ鍼灸師

コメントありがとうございます。
ツボに関しては、実際に緑内障に効果が確認されているものを紹介しています。

ただし、100%ではありません。
また、ツボ自体、自己治癒力を高めるもので薬とは違います。

症状の違いや、鍼灸師が行うのかによっても大きく変わりますことをご了承ください。m(_ _)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です