認知症・ボケの原因は、高血圧だった!?今すぐできる食生活改善法!

血圧計イラスト

意外にも、高血圧が「認知症・ボケ」の原因になっている!

認知症の老人

ポイント
  • ボケたくない、、、
  • 物忘れがひどい、、、
  • おじいちゃんのボケを改善したい、、、

高齢化社会になった現在、「認知症」に不安を感じている人は多いと思います。

では、「なぜ、高血圧がボケの原因になるのか?」をご説明しましょう!

高血圧は、脳の働きを低下させてしまう!

健康な脳・不健康な脳
脳は、酸素・ブドウ糖をエネルギー原としています。
しかし、高血圧になると、血液から十分に栄養をとれなくなるのです!

ポイント
その結果

  • 集中力の低下
  • 思考力の低下
  • 感情を抑制できない
  • 認知症・ボケ

という状態になってしまうのです。

なぜ、高血圧だと栄養がとりにくくなるのか?

ポイント
高血圧という状態は、血を勢い良く流している状態です。
じゃあ、なぜ「血を勢い良く流さなければならないのか?」
その理由は↓

  • 1.血液のが悪い
  • 2.血管が狭い・硬い

この2つをさらに詳しくご説明します↓

1.血液の質が悪い

高脂血症こうしけっしょう糖尿病とうにょうびょうがいい例です。
血液中に、脂質・糖分がたくさんあると、ドロドロ血液になり、流れにくいのです。
(だからこそ、無理やり血圧を上げる→高血圧)
こんなドロドロ血液では、脳に栄養が行きにくくなって当然です。

動脈硬化の図式

2.血管が狭い・硬い

動脈硬化どうみゃくこうかがいい例です。
ドロドロ血液が長く続くと、血管内にドロドロが溜まり、動脈内が狭く・硬くなっていきます。
(だからこそ、無理やり血圧を上げる→高血圧)
そんな、動脈硬化の状態では、脳に栄養が行きにくくなって当然です。

ポイント
この2つの理由が、大きく関与するので、
高血圧=ボケ
という、方程式ができあがってしまうのです!!

高血圧の改善法は、ズバリこの3つ!!

ポイント
  1. 食べすぎない!
  2. 適度な運動
  3. 寝る3時間前は絶対に食べない!

では、1つずつ詳細を書きます。↓

1.食べすぎない!

食べ過ぎの男性
「腹8分目医者いらず」といいますが、
食べ過ぎると、どうしても余分な脂質・糖質が血管内に過剰に残ります。
これを防ぐには、食べすぎないことが一番です。

2.適度な運動!

日頃から、家でゴロゴロせずに、適度に動くようにするといいでしょう。

車椅子のお年寄りに運動をする

ポイント
適度な運動をすれば、血管内に余った、脂質・糖質をうまく消費してくれるからです。
もちろん、外でのウォーキング、家事なども、頭を使うことになり、ボケ防止につながります。

3.寝る3時間前は絶対に食べない!

食べてから、3時間以内に寝てしまうと、脂質・糖質が消費されずに血管内に過剰に残ります。

そのため、寝る3時間前は、何も食べないようにしてください!
また、過度にカロリーの高い飲み物も控えましょう!
(糖分の高いジュースなど)

実際に、高血圧を改善したら、ボケが治った人がいる!

元気な病後
安心してください!!(^^)
高血圧を改善すれば、「認知症・ボケ」が改善するかもしれないのです!

病院には脳外科という、脳を専門的にみる診療科目がありますが、
実際に、高血圧を改善したら、ボケが治った人がたくさんいるようです。

最後に!

ぶっちゃけ鍼灸師

「高血圧が、認知症と関係がある!」と聞いて、驚かれたのではないでしょうか?
しかし、逆にこれを知っておくと、ご自身や家族の人が、認知症になるリスクを下げることができそうですね!

食生活や生活習慣を見直して、認知症になるリスクをなるべく下げるようにしてくださいね(*^ω^*)

高血圧のツボはこちら!このツボが血圧を下げる効果がある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です