なぜ、グレープフルーツジュースで薬を飲んではいけないの?

どうして、グレープフルーツジュースで薬を飲んではいけないの?

薬
苦いから?」
違います!
答えは、薬の副作用が出るからです!!

詳しい仕組みを知りたい人は、続きを御覧ください。↓(^^)
※小学生でもわかるように説明しています。

登場人物たち

肝臓くん

肝臓くん

薬くん

薬くん

CYP酵素くん

CYP酵素くん

薬は肝臓に向かいます。

肝臓の分解イラスト
口から入ったは、肝臓で代謝(分解)します。
この時に、分解を頑張るのが、CYP酵素くんです。
ちなみにこのCYP酵素くんは、グレープフルーツジュースが大ッキライです。

ポイント
しかし、グレープフルーツジュースで薬を飲むと、、、
CYP酵素くんを阻害する(やる気をなくしてしまう)ので、薬が分解されません。
薬が分解されないと、いつまでも体内で、薬が残ってしまうのです。
注意
つまり、「薬が分解されずに、いつまでも血中に残ってしまうために、薬が効きすぎてしまう!!」
という状態におちいるのです。

薬が効きすぎると副作用が!!

「薬がよく効いて良いんじゃないの?」と思ったら大間違い!
 

ポイント
わかりやすい例をあげましょう。
めまい
血圧を下げる薬が、効きすぎるとこうなります。

メモ
・血圧が下がりすぎる
・ふらつき
などなど

持続は3~7日間と言われる!

グレープフルーツジュースによる、CYP酵素くんの阻害(やる気をなくしてしまう)は、3日間~7日間も持続すると言われています。

もし、あなたがお酒を飲んで、酔っ払ったとします。
酔っぱらい状態が、7日間も続いたら大変でしょう?

これと同じで、低血圧が3~7日間も続くと、大変なのです。

グレープフルーツジュースと一緒に飲んではいけない薬

ポイント
主な薬は↓

  • 降圧薬こうあつやく(血圧を下げる)
  • 抗血小板薬こうけっしょうばんやく(血を固まりにくくする)
  • 免疫抑制薬めんえきよくせいやく(過剰な免疫反応をおさえる)

※これ以外にも存在します。

 

ぶっちゃけ鍼灸師

薬の説明に「グレープフルーツジュースで飲まないでください!」と表記されている薬は、絶対に守るようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です