身長が縮む原因!知らない間にどんどん身長が縮んでしまう意外な原因

身長が縮む イラスト

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、病院の整形外科に勤務する鍼灸師が「身長が縮む原因」についてまとめています。

身長が縮む原因は大きく2つ

身長が縮む原因は大きく2つあります。
その2つは、重力老化です。


では、なぜ「重力」「老化」によって身長が縮んでしまうのか?について、もっと詳しくご説明します!↓

【身長が縮む原因その1】 重力

宇宙飛行士イラスト
人間の1日の生活を考えてみましょう。

ポイント
朝起きて出勤(通学)します。
家に帰ってきて夜になると、寝ますよね。
この起きている間は、ほとんど横にならずに立っている状態(座っている)で生活します。
つまり、この起きている間に、体は重力をずっと受けているわけなんです。

重力を長時間受けると、人間の体は、、、

ポイント
人間の体は、固体ではないですよね。
人間の体の水分は体全体の60%といわれています。

なので、いろんな組織は、変動しやすかったりするのです。
例えば、プッチンプリンをカップからだして、1日置いておくとどうなりますか?
重力の影響で「グデーン」となってしまうでしょう。

それと同じことが、人間の椎間板(クッション部分)など、柔らかい組織で起こるのです。
そのため1日中、重力の影響を受けると、身長は1~2cmぐらい縮むようです。
しかし、【この縮み】は、夜寝ると重力の影響をうけなくなり元に戻るので心配要りません。

【身長が縮む原因その2】 老化

老夫婦
つぎに老化が原因の場合です。
あなたの周りにも、こんな高齢者がいませんか?

ポイント
「昔と比べて5cmも身長が縮んだよ」と言っている人を、、、
私が、鍼灸整骨院に勤めている頃は、よくそんな話を聞いたものです。(^_^;)

つまり、老化すればみんな、身長が下がる(縮む)のです!
老化で身長が縮む原因は次のように説明できます。↓

椎間板ついかんばんが、身長の縮む原因だった!

健康な椎間板 イラスト

ポイント
椎間板ついかんばんとは、背骨と背骨の間にある、クッションです。
軟骨なんこつ成分でできています。
ポイント
人間の背骨は23個あります。
(椎間板の数も23個あります。)


老化が進んでいる椎間板イラスト
ポイント
この椎間板が、老化とともに水分が抜けていくのです。
この椎間板の水分が抜けてしまうと、椎間板1つにつき身長が2ミリも縮んでしまうのです。

ポイント
「えったった2ミリだけ!?」と思った方は大間違い!
だって、椎間板は23個もあるのです。
なので、2mm×23個=46mm  つまりは、4,6cmということになりますね。
年をとると、4,6cmも身長が縮むのです。

またその他にも、老化による原因がこれです。

圧迫骨折イラスト
自然と前かがみになったり猫背気味に変形してしまうので、これもまた身長が下がる原因です。
さらに、骨粗しょう症になり、背骨がつぶれてしまっている場合も、身長がすこし下がりますね。

老化の原因によって、老化で身長が縮むのは、避けられないです。

若くて身長が縮むならまったく問題なし!

バランスボール
30歳以下の人が、身長が朝と晩の差で1~2センチ縮むのはなんの問題もありません。
一晩寝ると、元に戻ります。

ですが、30歳以上で、昔と比べてだんだん身長が縮んでくる原因というのは、老化が問題なので、こればかりはどうしようも無いです。

せめて姿勢だけをいつまでもキレイにしておくことが理想といえます。

このページのまとめ

  • 身長が縮む原因は2つある。「重力・老化」が身長が縮む主な原因である
  • 重力による変化は、一晩寝て朝起きると、もとに戻るので問題ないが、老化による縮みは避けられない
  • 30歳以下ならば、老化による縮みの影響はほとんどうけない。逆に30歳頃から、老化による身長の縮みの影響をうける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です