陰虚いんきょの体質とは?
陰虚に効果のあるツボ!


東洋医学で陰虚いんきょとは?

のぼせ
陰虚とは、体内の「水」が減っている状態です。
東洋医学において、「水」は、体をうるおしたり、活動後の熱を沈める作用があります。
「水」が不足すると、体の熱を覚ますことができなくなり、のどが乾いたり、空咳も多くなります。
陰虚は40歳以上に多く見られる症状ですが、水分不足の人にも見られます。
また、長期間、薬を服用していたり、生活習慣の乱れが原因になることもあります。

陰虚いんきょの性格

  • 頑張り屋さん。
  • 家庭も職場でもよく働き、残業するタイプ
  • しかし、持続はちょっと苦手のようです。
  • また、心配事も多く、そわそわして落ち着かないという人が多いです。

陰虚いんきょのかかりやすい病気

  • 口内炎
  • 扁桃炎へんとうえん
  • 慢性気管支炎まんせいきかんしえん
  • 肺炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬じんじょうせいかいせん

陰虚いんきょの舌の状態

  • 舌苔ぜったい(舌の表面につく白いコケ)がごく薄く、乾燥している。
  • 舌の色は全体的にくすんだ感じの赤色。
  • 舌の表面のところどころに裂け目のような溝があるのが特徴

陰虚いんきょの対策

睡眠不足や長時間活動が原因で、水が体の熱を沈めることができなくなり、陰虚になる。
効果的な対策は、十分な睡眠をとること。


唇や喉が渇き、手足にほてりを感じ始めたら、なるべく早く寝るようにして、朝方のリズムに変えていきましょう。
適度な運動で軽く汗を流すと、新たに水を作ろうとするので陰虚の改善には良いです。
サウナや栄養ドリンク陰虚体質には、かえって良くないので控えましょう。
(栄養ドリンクのカフェインによって、眠りの質が下がるため。陰虚の改善はたっぷりと熟睡することが大事)

陰虚いんきょにおすすめの食事

水を増やす黒砂糖・ハチミツがおすすめ。
もち米、鶏肉、豚肉、人参、えんどう豆も水を作り出す食材


陰虚いんきょにおすすめのツボ

三陰交さんいんこう

三陰交ツボ

内くるぶしから指4本分上にある。
骨のすぐキワ。


足の疲れ、腰痛、むくみにも効果あり。

湧泉ゆうせん

ツボ湧泉

足の指を曲げた時に、裏にできるくぼみ


気と血のめぐりを良くして、疲労回復や不眠に効果あり。
足の冷え、むくみに効果あり
陰虚だと、このツボにコリや痛みがでる。

手三里てさんり

ツボ手三里

ひじを曲げた時にできるシワ(親指側)の端から、
指3本分、手首側によったところ
骨のキワにとる


肩こり・イライラ・乾燥肌に効果あり


あわせて読みたい!関連記事です。

六王鍼~未病を治す鍼~長野仁先生の鍼灸技

六王鍼のロゴ 六王鍼(りくおうしん)をご存じですか?みなさんは、六王鍼(りくおうしん)をご存じでしょうか?六王鍼(りくおうしん)とは私が森ノ宮医療技術専門学園の学生だった頃、大好きだった講師に長野仁(ながのひとし)...


東洋医学が体質チェック!自分にピッタリのツボを探す!

東洋医学のマーク タイプその1「気」が不足している気虚(ききょ)疲れやすい風邪をひきやすい胃腸が弱い食欲がない朝起きるのがつらい手足がだるい3つ以上当てはまったらこちら↓↓↓↓↓東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】


東洋医学で「気」が不足する【気虚タイプ】

あくびをする女性 東洋医学で気虚(ききょ)とは東洋医学で「気」とは、体を流れるエネルギーと捉えます。しかし、疲労やストレスが続くと、胃腸の働きが悪くなり、「気」が不足します。そうなると今度は、免疫力が低下して、病気や風...


東洋医学で「血」が不足する【血虚タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で血虚(けっきょ)とは?東洋医学で、「全身をめぐり臓器の栄養源となる」のが「血」です。この「血」不足した状態を血虚(けっきょ)といいます。女性は、生理があるので「血」が不足しやすく、現代女性に...


東洋医学で「水」が不足する【陰虚タイプ】

のぼせ 東洋医学で陰虚(いんきょ)とは?陰虚とは、体内の「水」が減っている状態です。東洋医学において、「水」は、体をうるおしたり、活動後の熱を沈める作用があります。「水」が不足すると、体の熱を覚ますことができ...


東洋医学で「熱」と「気」が不足する【陽虚タイプ】

寒がりの女性 東洋医学で陽虚(ようきょ)とは?慢性的な冷え性タイプです。東洋医学では、体を温める気(エネルギー)を「陽(よう)」といいます。「陽」が弱いと、手足や下半身が冷えやすく寒がりになります。「陽虚」は生まれ...


東洋医学で「気」が停滞する【気滞タイプ】

イライラする女性 東洋医学で気滞(きたい)とは?イライラして精神的に不安定な状態です。ストレスが多いと「気」のめぐりをコントロールする機能が乱れて「気」が停滞します。この状態を「気滞(きたい)」といいます。自立神経(じ...


東洋医学で「血」が停滞する【瘀血タイプ】

顔色が悪い女性 東洋医学で瘀血(おけつ)とは?「背中・腰」に【コリ・張り・痛み】が出る。血の流れが悪く渋滞を起こしてしまった状態を瘀血(おけつ)といいます。原因は冷えとストレスです。


東洋医学で「水」が停滞する【湿痰タイプ】

肥満女性 東洋医学で湿痰(しつたん)とは?代謝が悪く、水分や脂肪がたまりやすい状態。水は必要以上に溜まると、体の熱を奪い、気と血の動きを鈍らせる。余分な水は「湿」とよばれ、これが固まって動きが悪くなると「痰」に...


東洋医学で「熱」がこもる【実熱タイプ】

暑がり女性 東洋医学で実熱(じつねつ)とは?気・血の流れが悪く、分泌物(目やに・鼻水・タンなど)が多くでる状態体を温め活動を促す「熱」と体を冷やして潤す「水」の両方が過剰になった状態熱を伴った症状が出やすくなる。


腰椎すべり症・脊柱管狭窄症における鍼灸治療で使うツボ

鍼灸師 鍼灸治療のツボをご紹介!腰椎すべり症と脊柱管狭窄症この2つの疾患は、鍼灸治療にて痛みが改善するケースがあります。なかには、変化がない場合もあるのですが、著効する場合もあるので、そのときのツボを忘備録と...


肩こり首こりの治療には、前面や側面のツボや筋肉も狙うのがコツ!

頚の治療は前面と側面 首の治療は後ろだけでなく横も前も肩こりや首こりがなかなか良くならない、、、、となげいている治療家のあなた!そんなときは、首の後ろだけでなく、横も前もほぐしてみてください。なぜかといいますと、だいたい首...


按腹法のやり方!東洋医学的にみた、お腹のマッサージの方法

鍼灸師 按腹法における反応点の見つけ方1,シワを探す座った状態で自分のお腹を見る(シワが見つからない場合は、前かがみになる)寝て、横向きになって横腹をみる仰向けになり、膝を立てて下腹部を見る鏡で後方をみる


難病を鍼灸治療で治す場合、どんな治療法が良いの?

鍼灸治療のようす 難病での鍼灸治療がわからない!ガン・腫瘍・膠原病・リウマチ・SLE・パーキンソン病・精神疾患・原因不明の病、、、など鍼灸治療に携わっている以上、たくさんの難病をみる機会があると思います。ですが、これら...


めまい・ふわふわ・浮遊感・肩こりの治療ポイント!鍼灸師に捧ぐ!

「枕下側線」の場所 めまいの治療ポイントを伝授!注意)こちらのページは、鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師・整体師などの治療家に向けて記載しています。どうも!ぶっちゃけ鍼灸師です!(*^ω^*)ニコッ現時点では、臨床経験は...


鍼灸の治療法まとめ

鍼灸治療には、いろいろな治療法があります。こちらのページでは、そんな鍼灸治療方法をざっとまとめてみました。(※すべてではありません)鍼灸師の皆様に参考になりましたら幸いです。