お酒・アルコールで肩こり改善に効果あるの?

ビールとお酒

お酒を飲めば、肩こりは楽になるの?

「お酒を飲んで、肩こりが治るのか?」
と聞かれれば、「治りません!」と答えます(汗)

ですが、お酒の体にもたらす効果が、結果的に肩こりにも良いといえます。

お酒を飲んで、体にもたらす効果とは?

日本酒と料理

お酒を飲んだ時に、体にもたらす健康効果、それは血流改善と、ストレス解消です。

お酒を飲めば、血流量が増加します。
肩こりで硬くなった筋肉には、血流量をアップしたほうが、楽になります。

また、お酒を飲むという行為は、ストレス解消につながりますよね。
なので、こちらも、肩こりには良い!ということが言えると思います。

お酒は百薬の長ひゃくやくのちょうとも言われています。
つまり、お薬のように体に良い面もあるのです。

お酒・アルコールで肩こり改善に効果あるのは、飲んでいるときだけ!

日本酒

お酒やアコールを飲んでいるときだけは肩こりを忘れられる、、、つまり改善していると思う。
というのは、まったくの勘違いです。

ただ単に、肩こりに意識が行っていないだけで、お酒やアコールには、肩こり改善効果はありません。
じゃあ、なぜ飲んでいるときはそのように感じるのでしょうか?
やはり、お酒によって感覚が鈍くなるからでしょう。

根本的に、肩こりが治っているわけではないので、ご注意を!

逆に毎日お酒・アルコールを毎日飲んでいると、肩こりがひどくなります!

枝豆とビール

反対にお酒やアルコールを毎日飲み続けると、肩こり改善効果どころか、肩こりがひどくなる可能性が考えられます。
そりゃあ、確かに血流改善や、ストレス解消などのメリットがあることは伝えました。

でも、お酒やアルコールによるデメリットもあるのです。
それは、お酒やアルコールは体内で、分解が必要なために体に負担がかかるのです。

つまり、体にとって余計な仕事を増やしてしまうので、体の代謝は低下します。
体の代謝が低下すると、肩こりはひどくなるもしくは、なかなか治らないという可能性があるのです!

また、お酒は体が温かくなりますが、それは一時だけです。
温かいと勘違いして、薄着の状態で過ごしたり、寝てしまうと返って肩を冷やす結果に!
肩が冷えると、もちろん肩の筋肉が固くなり肩こりがヒドくなります!

ぶっちゃけ鍼灸師

なので、お酒・アルコールで肩こり改善に効果あるということはありません。
少量のお酒でとどめておくなら、血流が改善されるので問題無いのですが、飲み過ぎは、かえって肩こりにも体にもです!ご注意を!

でも、お酒の飲みすぎはだめ!

日本酒でお酌をする男性

当然、お酒・アルコール類は飲みすぎてしまうと体によくないです。
お酒を、毎日のように飲みすぎてしまうと、内蔵を弱らせます。

内臓が弱ると肩こりしやすくもなりますし、他の病気の原因にもなります。

お酒を常飲していると、とくに肝臓が弱る!

お酒の飲み過ぎは、とくにアルコールを分解する肝臓を傷めたりします。
肝臓は、体にとってものすごく重要な働きをたくさんしています。

疲れやすい、、、と感じたら、肝臓の機能が弱って、代謝が落ちている証拠です。
なので、お酒・アルコールはたしなむ程度にしておきましょう。

急な痛みがあるときに、お酒はダメ!

肩の痛み

よく、「寝違え・ぎっくり腰・捻挫・ケガ」など、急な痛みのときに、「お酒を飲むと痛みが和らぐ」と思って、お酒を飲む人がいます。
がしかし、これは大きな間違いです!

なぜなら、お酒を飲むと血流量が増加して、発痛物質(はっつうぶっしつ)(痛みの元となる物質)も流れ出します。

飲んでいる間は、調子いいのですが、酔いが覚めると痛みが増すのです!
急な痛みやケガの場合は、お酒は控えておきましょう。

お酒を飲んで整骨院やマッサージに行ってもいい?

整骨院の先生

お酒を飲んでから「整骨院・鍼灸院・マッサージ院」に来る人がいます。
ですが、お酒を飲みアルコールが体にまわっている状態というのは、血流がよくなりすぎてしまい「悪酔い」の原因になります。

さらに、体も鈍感になっているので、「もっと強く揉んでくれ!」と言ったりするので、もみかえしを起こしやすいですね。

また、酔ってるがあまり、問診などもうまく言えないと、治療効果も落ちるのは当然です。
まあ、缶ビール1本ぐらいならよしとしますが、ベロンベロンに酔っている状態で、医療機関を受けるのはやめておきましょうね。

ビールを飲む男性

大型銭湯のマッサージが好きな人へ
また健康ランドどか大型の大衆浴場なんかにいったときは、お風呂に浸かってお酒を飲んで、マッサージを受けるというのはまさに至福の時ですよね。

でも、マッサージを受けようと考えているなら、お酒は1杯ぐらいにとどめておきましょう。
あんまり酔いすぎても、マッサージの気持ちよさが鈍ってわかりにくくなります。

また、すぐに寝てしまいますよね。
寝てしまうとちょっと損した気分になりませんか?(笑)
だから、ほどほどにしておきましょう!

お酒・アルコールで肩こり改善に効果を求めるよりも、少食のほうが断然効果あり!

太陽とビール

お酒やアルコールでは、結果的に肩こり改善に効果はありません。(飲み方による)
でも、安心してください。
食べないようにすることこそが、肩こり改善には効果的なのです。

昔から腹8分目医者要らずというように、少食で過ごしていると、代謝がアップします。
つまり肩こり改善には、少食のほうがよっぽど効果的なのです。
極端にいえば、1日2食なども、やってみると体が軽くなるという人が多いので参考までに!!

このページのまとめ

  1. お酒を飲めば、肩こりが楽になるというのは、気の問題です。根本的には治っていたいのでお酒で肩こりを治そうとするのは間違いです。
  2. お酒を飲むことには、「血流改善・ストレス改善」効果があります。がしかし、飲みすぎると分解が必要なために代謝は低下します。お酒を飲む分量はほどほどにしましょう。
  3. 痛みが激しいときは、お酒をのんではいけません。また鍼灸院・整骨院・マッサージを受けるまえはお酒を飲まないほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です