耳鳴り・難聴の「耳ツボ」

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、耳鳴り・難聴に効果のある耳ツボの場所を図解でわかりやすく解説しています。

耳鳴り・難聴の「耳ツボ」はこちら

耳鳴り・難聴の「耳ツボ」

耳たぶのツボ解説2
※耳たぶを9等分して、中央列の左右にあるツボ

耳鼻科に行っても異常がない人は

注意
【耳鳴り・難聴】を起こしているのに、耳鼻科に行っても「異常なし」と言われる人がいます。
東洋医学で考えた場合、「肩こり」「首こり」がひどくなりすぎて、【耳鳴り・難聴】を起こす場合があります。

理由は、首の筋肉が固くなりすぎてしまい、首の神経を圧迫してしまうからです。
首には、「耳に繋がる神経」や「自律神経」が走っているからです。
また、首が固くなりすぎると内耳への血流も悪くしてしまいます。
その結果、内耳の機能が下がり【耳鳴り・難聴】を起こす原因となるのです。

メモ
心辺りのある人は、まず「肩こり」「首こり」を治してみてはいかがでしょうか?
当サイトの肩こり解消法には、たくさんの方法を紹介しております。
きっとあなたにピッタリの肩こり解消法が見つかりますよ(^^)

耳鳴り・難聴の「耳ツボ」は1日に何回押せばいいの?

ぶっちゃけ鍼灸師

耳鳴りを感じた時に、耳ツボを押すといいです。
難聴を日頃から感じている場合があるので、とくに気にしなくても気づいたときに耳ツボを押すといいです。
貼り付けるタイプの場合は、気づいた時に押さえておきましょう。

耳ツボはどれくらい続けたら良いの?

基本的には、耳鳴り・難聴が改善したかな~と思うまでですが、1ヶ月くらいは続けてみましょう。
それでも、効果を感じられない場合は、体にあるツボを紹介しておくので参考にしてください。

メモ
【耳鳴り・難聴】の「体のツボ」を知りたい人はこちらのページを参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です