鍼治療保険適応の条件!6つあるので該当すれば保険で治療できます!

医師からの説明

ぶっちゃけ鍼灸師

鍼灸治療を「保険適応」する場合は、医師の同意書が必要です。
医師の同意書について解説ページ
鍼灸の同意書図説鍼灸治療で保険を利かせるには?はりきゅうの同意書が必要です!

ぶっちゃけ鍼灸師

その同意書には「6つの病名」が決められています。
では、詳しく解説していきます。

鍼灸の保険適応には、あらかじめ同意書の病名が決められている。

医師のイラスト
どんな症状でも、鍼灸で保険治療が受けられるかといえばそうではありません。

これが鍼灸の同意書に必要な6つの病名です。

ポイント
  1. 神経痛
  2. リウマチ
  3. 頚腕症候群けいわんしょうこうぐん
  4. 五十肩
  5. 腰痛症
  6. 頚椎捻挫後遺症けいついねんざこういしょう
  7. その他(     )

(その他を含めると7つの項目になります)

はりきゅうの同意書実際の画像

ぶっちゃけ鍼灸師

この7つですね。
このどれかに、該当すれば鍼灸保険治療の適応となります。
ちなみに、肩こりの場合は、頚腕症候群でも神経痛でもどちらに〇をされても問題ないです。

注意!同意書が認められないケース

困った鍼灸師
これは、患者さんよりも、鍼灸師さんに関係が深い記事になりますが、
せっかく同意書を患者さんから受け取り、各保険者に提出しても、つき返される場合があります。

たとえば、、、
  1. 病名欄の〇が2つ以上ついている
  2. 「7.その他」を認めない、、、
  3. 医師の診察が、初診での同意書発行は認めない
  4. 同じ疾患で、別の診療所にて治療を受けている

などなど、さまざまなケースがあります。
最近では、保険者側も、医療費を支払いたくないので、少しでも「おかしい」と思ったら、すぐに同意書をつき返してきます。

保険者によって厳しさが違う
保険者のなかでも、組合保険や社会保険(協会けんぽ)がとくに厳しかったようにも思います。
反対に、国が運営している「国民健康保険・後期高齢者医療広域連合」などは、厳しくないという印象でした。

各健康保険者はホームページを設けているところがあります。
鍼灸治療に対しての、保険請求について説明している保険者もあるので、事前に調べておくのもいいでしょう。
最終的には、保険者が絶対有利
ただ、忘れてはならないのは、この療養費(鍼灸治療)の保険払いというのは、「保険者が認めない!」と言えば、それが最優先されます。
これは、厚生労働省の定めにも書かれていることなので、事前に知っておきましょう。
関連ページ
鍼灸の同意書 | 6疾患以外(その他)で請求できる?

このページのまとめ

  1. 鍼灸治療の保険適応となる疾患は「神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症」の6つです。
  2. 「その他(病名)」という欄もあるのですが、保険者が認めるかどうかはわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です