鍼灸院・整骨院でセクハラ問題はありますか?きわどいツボがある!

セクハラ イメージ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、鍼灸師が「鍼灸院・整骨院においてセクハラがあるのかどうか」これについて解説しています。

鍼灸院・整骨院のセクハラ問題について

困る鍼灸師
鍼灸整骨院という場所は、人の体に触れるものなので、たびたびこのセクハラという問題が起こりえます。

ただ、このセクハラ疑惑については、治療家サイド患者サイドと両方の意見がありますので【両者の視点】でご説明しましょう。

治療家サイドの視点

困る鍼灸師
ツボや治療ポイントは全身にあります。
たとえば、坐骨神経痛・腰痛・ひざ痛なんかには、お尻のツボを使った方が早く治ります。

また、肩こりでも、胸の筋肉をほぐしたほうが、かなり効果が高まります。
つまり、治療の一貫として【お尻】や【胸】付近のツボを使うことがあるのです。

それなのに、セクハラと言われてしまうとちょっと寂しい気がします。

ポイント
ですが、われわれ治療家もバカではないので、きわどい場所を触る場合は以下のような点に気をつけています。
・信頼関係がしっかりしている患者さんのみに限定する
・治療前に触ることに同意を得る
・女性スタッフに担当させる
などの気遣いは、しております。

鍼灸師・整骨院の先生は、【言いがかりのケース】に要注意!

実際に、患者さんが「セクハラされた!」と訴えてくる場合があり、それが言いがかりのケースがあります。
困る女性鍼灸師
例えば、女性の胸(肩の前面)や、お尻の辺りを治療して帰宅されたとします。
その後に、その女性がご主人を連れてきて、「セクハラをした!お金を払え!」
という「言いがかり」も実際に聞く話です。

100%言いがかりだと断定できるのなら、断固として「治療の一貫である」ということを主張しましょう!

もちろん、しっかりと「治療の一貫であったこと」が伝われば、事なきを得るでしょうし、相手が納得しないのならば、裁判というような形になるでしょう。

ぶっちゃけ鍼灸師

これらが、治療家サイドの意見になります。
ではつぎは、患者サイドの意見を見ていきましょう。

患者サイドの視点

怒る女性
実際に、セクハラをする鍼灸師や柔道整復師は存在するでしょう。
現にニュースで話題になり、刑事罰を受けたケースもあります。

なので、治療中に万が一「これはひょっとしてセクハラなのでは、、、」と感じたら、
もうそこの鍼灸院や整骨院に行く必要はないでしょう。

ただし、ごくまれなので、せっかくの治療を受けるチャンスを逃さないようにしてくださね。

ぶっちゃけ鍼灸師

ごくまれとは言いましたが、もし実際にセクハラを「鍼灸院・整骨院」で受けたのならば、次のようにしてください。

実際に、鍼灸院・整骨院セクハラを受けてしまったら、、、

実際にセクハラを受けてしまったら、その場はすぐに自宅に帰り、そのあとで遠慮無く警察に行って相談しましょう。
が、その前に「これはセクハラなのか?」と疑問に感じる場合もあると思います。

「うーんこれってどうなんだろう、、、」という場合

ちょっときわどいけど、鍼灸院や整骨院では当たり前なのかな?って思ったら、知り合いの鍼灸師柔道整復師に相談してみましょう。
知り合いにいなければ、yahoo知恵袋なんかで相談してみましょう。

セクハラに間違いない!という場合

明らかにセクハラ!!と思った場合は、警察に被害届を出しに行きましょう!

ポイント
ただ、精神的苦痛を受け、なにも関与したくないと思う方もいるでしょう。
ですが、そのような人間を野放しにするわけにはいきませんので、まずは、誰かに相談してみてはいかがでしょうか?
誰かに話したほうが、少しは気も楽になると思います。

このページのまとめ

  • 「鍼灸院・整骨院」にて、セクハラは存在するのか?という疑問には、「治療家サイド」「患者サイド」の意見がある
  • 実際の治療において、きわどい場所「お尻」「胸」などに、治療ポイント(ツボ)が存在することは事実である
  • もし、「セクハラをされたかも」と思ったのなら、誰かに相談することが重要である。セクハラが濃厚ならば、警察に被害届けを出しに行くのがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です