鍼灸って毎日してもいいの?体に悪い!?毎日来るように言われたら!

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、「鍼灸を毎日したほうがよいケース」「鍼灸を毎日しなくてもよいケース」にわけて、わかりやすく鍼灸師が解説しております。

鍼灸治療は毎日してもいいの?

鍼灸師
結論から言います。
鍼灸治療は毎日してもまったく問題ありません。

毎日したほうが、治りも早いです。
ですが、毎日しなくてもよいケースがありますので、もう少し詳しくご説明します。

鍼灸治療を毎日しなくてもよいケース 2つ

1,実費治療で全身をたっぷりしてもらっている場合

吸い玉治療 イラスト
鍼をしてくれるところもたくさんあります。
例えば、鍼灸院・整骨院・病院のリハビリ科などで、鍼をしてくれます。

しかし、整骨院・病院での鍼というは、おまけ程度であって、時間も10分くらいで終わる場合がほとんどです。

反対に、鍼灸院で1時間ぐらい全身に鍼をしている場合があります。
この場合は、毎日行く必要はありません。

鍼灸の先生に訪ねてみるといいですが、「毎日来なさい。」とは言わないでしょう。

2,痛みやこりが、うそみたいに治った場合。

これは言うまでもなく、症状がかなり改善したのなら、次の日にいく必要はないです。

ポイント
次回、来院するタイミングとしては、

  • また、痛みがでてきた、、、
  • また、痛みがでてきそうなので予防のために、、、

といったタイミングで大丈夫です。

ぶっちゃけ鍼灸師

さて、鍼灸院に「毎日行かなくてもよいケースを2つ」紹介しました。
次は、「鍼灸院に毎日、行ったほうがよいケースを4つ」紹介します。

毎日したほうが良いケース 4つ

では、逆に「毎日、鍼灸治療を受けたほうが良いケース」を4つ紹介しておきます。

1,痛みが激しい場合

痛みを強く訴える男性
ぎっくり腰、寝違え、など痛みが激しい場合は、なるべく早く治したいなら毎日でも、行った方がいいでしょう。

2,先生が 「明日も来なさい!」 と言った場合。

患者さんに説明する鍼灸師
これは、営業トークで言う場合もあるでしょうが、本当にあなたの体のことを考えて言う場合もあります。
理由が、納得のいくものなら毎日行ってもいいでしょう。

3,慢性化の症状でなかなか治らない場合。

昔から長年の肩こり、腰痛というのは、なるべく日数を詰めて治療したほうが治りも早いです。

逆に、間隔を詰めないと治りも悪いので、毎日受けたほうが良い場合もあります。

4,整骨院で受ける鍼灸治療のように、施術時間が短い場合。

整骨院での鍼灸治療は、施術時間が短いです。
1回10分~15分位です。
そのような場合は、毎日受けても問題ありません。

まとめ

鍼灸師
鍼灸治療そのものは、毎日しても肉体的にはなんの問題(副作用)もありません。

ただし、前述したように時と場合によって
毎日しなくても良いケースと、毎日したほうが良いケースがあります。

最終的には、担当している鍼灸の先生とよく相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です