二日酔いのツボ!つらい二日酔いに即効で効く

二日酔いのツボ!

  • 二日酔いがする、、、
  • 前日飲み過ぎた、、、
  • 頭痛・頭が重い、、、
  • 体がだるい、、、

1日のスタートなのに、
二日酔いじゃ仕事に支障をきたしますよね(^_^;)

ぶっちゃけ鍼灸師

そんなときは、ぜひとも二日酔いのツボ
アルコールを即効で分解・排出してください!
こちらでは、鍼灸師の監修によって、ツボを画像でわかりやすく解説しています。

二日酔いのツボその1【太衝たいしょう

太衝のツボ

太衝たいしょう】の場所



ポイント
足の親指人差し指の間に、指をおきます。
そのまま、足首の方に向かって指をなぞります。
ちょうど、指が止まり、なおかつへこんでいるのが【太衝たいしょう】です。
二日酔いのツボの探し方
押さえると痛いところです。

太衝たいしょう】の押し方

太衝の指圧

ポイント
  • 片足ずつ指圧します。
  • 手の親指を使ってグリグリと指圧しましょう。
  • 5秒を5回くらい押します。
  • お酒を飲んだ夜や、翌日の朝に、指圧してみましょう!

太衝たいしょう肝臓のツボです。
肝臓の機能を高めて解毒作用をアップすることにより、
アルコールの分解を促進します。

二日酔いのツボ その2【肝兪かんゆ

ツボ肝兪
肝兪かんゆ】には、体に溜まった老廃物を尿と一緒に排出する効果があります。

肝兪かんゆの場所

ブラジャーのホックのあたりの背骨(第9胸椎)にある。
背骨(第9胸椎)から左右に指2本分外側

肝兪かんゆの押し方

人に押してもらうか、
もしくは、テニスボール・ゴルフボールなどを
背中に引いて、仰向けに寝転がりましょう。

二日酔いは、どれくらい続けると効果あるの?

二日酔いした朝に、ツボ押ししてもそれなりの効果はえられます。
がしかし、お酒を飲む日がわかっていたのなら、その1週間前から毎日、押しておくことによって二日酔いしにくい体質に変化していきますので、おすすめです。

二日酔いのツボの効果を高めるためにして欲しいこと

二日酔いのツボの効果の一つに、解毒作用があります。
この解毒作用を高めるには、体内の水分が必要不可欠です。
なぜなら、水と一緒に尿として排出する過程だからです。
できれば水は、お酒を飲む日から、多めに飲んでおきましょう。
そして、前日の朝にも500mlほど飲みましょう。
ただし、お水をたくさん飲むと、オシッコに行きたくなることもわすれないでいてください。

二日酔いの朝の食物は?!

吐き気がする中年男性
二日酔いの朝に、注意したいのが朝食です。
前日に飲み過ぎた場合、翌日にもアルコールが体内に残っています。

アルコールの量が多すぎるために、肝臓の解毒作用が追いついていないのですが、
そんな時は、胃腸を休めるという意味で、何も食べないほうがいいでしょう。

もし、なにも食べないというのが気になるなら、コンビニに売っている、
ウイダーinゼリーなどで済ませると良いでしょう。

しかし、二日酔いの朝でもしっかりと、水分補給は忘れないで下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です