急性黄疸型肝炎のツボ

急性黄疸型肝炎 ツボ

急性黄疸型肝炎 ツボ

ポイント
注)こちらでは、鍼灸師に向けたページになっています。
一般の方が、急性黄疸型肝炎と思われる症状にかかった場合、病院へ行くことをおすすめします。

まず、急性黄疸型肝炎とは

急性ウイルス性肝炎の1つ
肝炎ウイルスによる、急性消化管伝染病

症状

  • 急な発病
  • 食欲減退
  • 脂っこいものを嫌う
  • 疲れやすい
  • 上腹部の不快感
  • 肝臓のあたりがシクシク痛む
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 悪寒発熱
  • 尿の色が濃くなる
  • 黄疸がでる

ツボ(鍼灸治療)の効果が得られるかどうかの見極め

  • 発病してから2週間以内である
  • 肝臓肥大がある
  • 肝臓に、圧痛・叩打痛がある
  • 肝機能検査にて2つ以上に、異常がでる

急性黄疸型肝炎のツボ

  • 足三里
  • 陽陵泉
  • 胆兪
  • 大椎
  • 肝兪
  • 脾兪
  • 発熱には曲池
  • 脇痛には期門・対象
  • 悪心嘔吐には内関
  • 腹脹には天枢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です