鍼灸師・柔道整復師の学生の間は、臨床にでてバイトをするべき!?

整体師 ガッツポーズ

鍼灸や柔道整復師の専門学校に通っているときは、鍼灸整骨院でバイトした方がいい?

学生生活風景
結論から申し上げます。

ポイント
鍼灸師・柔道整復師など、在学中の間は鍼灸院・整骨院・病院など臨床と関連のある職場でバイトしておくほうが絶対に良いです!
なにをかくそう、この私も森ノ宮医療技術専門学院の鍼灸学科に通いながら、鍼灸整骨院に勤めたという経歴があります。
ではなぜ、おすすめなのかそのポイントを今から紹介します。

専門学校の在学中に、臨床でバイトをしたほうが良い理由5つ

1,専門学校の成績が上がる

成績があがる学生
鍼灸院や整骨院に勤めていると、イヤでも勉強の毎日です。

ポイント
鍼灸治療の場合だと、「ここのツボを使っているな」とか、
柔道整復の場合だと、「ここの関節を固定しているな」とか、とにかく見て勉強になるのです。
さらには、院内で先輩が筋肉の小テストをしてくれたりと、鍼灸整骨院の先輩だからこそのアドバイスもたくさんくれます。
もし、おなじ専門学校の卒業生ならば、過去のテストをくれたりするので、かなり有利に働きますよ。

2、実技にも有利

まだ、専門学生という身分でありながらも、仕事内容では治療補助という立場で活躍します。
実際に患者さんに触れることもあります。

ポイント
鍼灸治療の場合だと、「鍼を抜かせてもらったり」「透熱灸をさせてもらったり」
柔道整復の場合だと、「包帯を巻かせてもらったり」などですね。
これは、専門学校での実技試験において大変有利に働くでしょう。

3,在学中に習うからこそ、知識も深まりやすく、理解しやすい

脚気の徒手検査 イラスト
人間の一時記憶は、すぐに忘れるようにできています。
もし、あなたが専門学校を卒業してから、はじめて臨床で職に就いたとしても、1年生の頃に習ったことは、2年以上前の話、、、
ハッキリいって、いろんなことを忘れているでしょう。

ポイント
しかし、あなたが鍼灸整骨院に勤めていたのなら、授業で習ったことを思い出させてくれる経験を毎日繰り返すのです。
習ったことをすぐさま、実体験しているとそれは一時記憶ではなく、長期記憶のほうにストックされていくでしょう。
つまり、吸収力がすごいのです。
これは、国家試験の合格率にも大きく関係してきます。

4,卒業時のレベルに雲泥の差がでる。

これは、なにも私だけのことを言っているわけではありませんが、同級生でも在学中に臨床に就いていた人は、卒業と同時にそこそこできる治療家になっています。

ポイント
なので、「卒業と同時に一人前になりたい!」と思っている人は、在学中に鍼灸整骨院に勤めたほうが良いでしょう。
もちろん、臨床現場では学校では、教えてくれない臨床のポイントをたくさん教えてくれますよ!

5,先輩としていろいろ親身になってくれる。

柔道整復師イラスト
鍼灸院や整骨院の先生達は、いわばあなたと同じ道をすすんできた先輩方です。
つまり、学生の頃のお金の工面のつらさや、勉強のつらさなどわかってくれるのです。

そういった思いから、いろいろと親身になってくれる先輩方も多いので、やっぱりバイトしてよかったなと思える瞬間はたくさんありますよ。

デメリットもあります。

困る 鍼灸師
ただ、デメリットに感じることもあります。
それは、患者さんの前で、見習い(資格を持っていない)という前提で働くことです。
当然、下にみられるので、悔しい思いをすることも多々あります。

ポイント
ですが、卒業して資格をとってからでも、苦労するのは同じ。
それなら、若い頃にたくさん失敗しておいて、免疫ができるくらいのほうが、人のつらさを理解できる立派な治療家になれますよ。

逆の視点もあります。

ポイント
反対に、在学中に臨床での経験を知らずに、卒業してやっと初めて臨床に出たとします。
ここで恐いのは「俺様は資格を持っているから偉いんだぞ」という、勘違い鍼灸師・柔道整復師になってしまうことです。
人間は謙虚さを失うと、いろいろ失敗します。

これを考えると、上記のデメリットも、もはやデメリットではなくメリットなのかもしれませんね。
みなさんも勘違い鍼灸師・柔道整復師にはならないでくださいね。(^^)

まとめ

鍼灸師
いかがでしょうか?
たくさんポイントを紹介しました。

もし、鍼灸師や柔道整復師の専門学校に通いながら、臨床でバイトをしていないという状態なら、すぐさま始めるべきです。

時給は安いですが、求人誌なんかをみても「学生さん歓迎」というところは多いです。

ポイント
それに、学生生活というのは、3年間しかありませんし、お金に変えられない価値であることは間違いありません。
勉強しながら、同時に働くというのは大変かもしれませんが、その苦労が、あなたの財産になり、成功へ導くことは事実です。
ですから、絶対に学生の間は臨床でバイトをすることをおすすめします!

このページのまとめ

  • 鍼灸・柔道整復師・マッサージ師などの学生の間は、臨床に出てバイトをするとたくさんのメリット(5つ)がある
  • 在学中から臨床に出ている方が、卒業後に成功する人間は多い
  • 臨床に出てバイトをすると、「勉強する時間がなくなる」と思うかもしれないが、実際は臨床に出ると、復習・予習をしているようなものなので、成績はあがる・国家試験の合格率も上がる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です