肩こりになりやすい性格

肩こりになりやすい性格は!?

女性鍼灸師
肩こりで悩んでいるあなた!!
実は、肩こりになりやすい性格というのが実際にあるのです。

「なにをやっても肩こりが治らない、、、」
というような、慢性の肩こり症の人は、ひょっとすると肩こりになりやすい性格かもしれません。

肩こりになりやすい性格ってどんな性格なの?

一言でいえば、「ねばならない思考」です。

メモ
この「ねばならない思考」というのは、
〇〇せねばならない、、、と、いつも焦っているひとですね。

もうちょっと具体的に言えば、、、

メモ
  • 責任感が強い
  • なんでも自分ひとりでやろうとする
  • 真面目・几帳面
  • つい人の面倒を見すぎてしまう
  • ちょっとしたことでクヨクヨしてしまう

などですね。

頑張りすぎるとやがて、大きな病気に、、、

説得する女性鍼灸師
こういった、几帳面な性格を続けるというのは、とてもストレスがたまります。
いまはまだ、肩こりで済んでいる状態なのかもしれません。
ですが、これを何十年と続けていると、やがては大きな病気にかかります。

メモ
よく、テレビとかでも、40代~60代の女性が、原因不明の病気にかかり
病院をあちこち回るけども、医者の答えはいつも「原因不明です。」

こんな内容を、、、見たことありますよね?
これら、大きな病気にかかるのは、やはりストレスが大きな問題です。
なので、今からでもストレス解消できるように頑張りましょう。

では、どうすればこの肩のこりやすい性格を変えられる?

簡単です!
4つの思考を変えるのです!!

1:「ねばならない思考」をやめる!

なんでもしなければダメという思考はやめましょう!
そんな思考を続けていると、定年を迎えるまでに、疲れ果ててリタイアとなります。!(病気になります。)

いつも100点を取ろうと思ったらだめです。
常に、70点を目標とするのでいいのです。
「まっいいか♪」の思考にすると良いでしょう。

2:周りの人を信じてみる

ついつい、自分で何でもやらないと気がすまない人がいます。

メモ
  • 「部下にまかせておけない、、、、」
  • 「主人にまかせておけない、、、、」

こころあたりがありませんか?


なんでも自分で解決するのは、限界があります。
また始めから、まかせられないと決めつけず、もっとコミニュケーションを取りましょう!
思ってる以上に、物事がスムーズに運ぶはずです。

3:細かいこと気にしない!

小さなことをクヨクヨと考えてしまうと、ストレスがたまります。
それで、肩こりなったらあなたが損ですよ。
なので、小さいことは、クヨクヨと考えるのはほどほどに♪

4:普段からストレスを解消しよう!

普段から、ガス抜きは大事です。
ストレスがたまっていると、ちょっとしたことが許せなくなるので、
普段から、ガス抜きしましょう!

メモ
一緒に読みたいページ⇒ストレス解消法

別にあなたの性格は悪くはないのです♪

ハイキング

どうですか?あなたは何個あてはまりましたかね?
肩はこるでしょうけど、これらの性格、私は嫌いじゃないです。(^^♪
むしろ、好きですね。一生懸命で、がんばり屋さんです。
私は、ナマケモノよりかは、よっぽど良い性格だと思っています。

メモ
ですが、これを続けてるとかなり精神的に疲れてしまいます。
そんな頑張り屋さんが損をすることは、悲しいです。

なので、そうならないためにも、もう少し一歩下がった視点で、物事を考えられるようになると、もっとあなたの人生が素晴らしくなると思います。
ぜひとも、つらい肩こりとサヨナラして、あなたの人生をもっとエンジョイしてくださいね。(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です