赤ら顔が気になる、、、そんなときは、「赤ら顔のツボ」はいかが!

赤ら顔のツボ!

  • 赤ら顔が目立つ、、、
  • 赤ら顔がずっと続く、、、

たかが、赤ら顔といっても
ひどく赤いとやっぱり気になりますよね(;・∀・)


ぶっちゃけ鍼灸師

でも、ご安心を!
赤ら顔を解消するツボがあるのです!
ぜひとも、これから紹介する「赤ら顔のツボ」を刺激してみてください!
鍼灸師が画像を使ってわかりやすく解説しています。

赤ら顔のツボ 【通里つうり

赤ら顔のツボ通里

通里つうり】の場所

ポイント
まず、手首の内側のシワに指をおきます。
そのまま、シワの線上をなぞって小指側に行きます。

ツボの探し方1
ポイント
ゴツンとにあたります。
その、位置から親指1本分、下に下がる場所が
「赤ら顔のツボ、【通里つうり】」です。

ツボの探し方2

通里つうり】の押し方

通里の押し方
反対の手の親指でグリグリやってください。
3秒間を10回指圧が目安です。
両方のツボを指圧してください。

赤ら顔のツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが効果的です。
やけどをしないせんねん灸で構いませんので続けてみましょう。
せんねん灸は薬局・通販で手に入ります。

赤ら顔のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間ほどは続けてやってみるといいでしょう。

赤ら顔のツボの効果を高めるためにして欲しいこと

赤ら顔の症状は東洋医学で考えた場合「心」の症状と関連が深いです。
「心」の症状の場合は、苦いもを食べたがる傾向がありますが、あまり「苦い」ものを食べすぎないようにしてください。
それよりも「塩辛い」味のものを、少し増やしてみると良いでしょう。
※ただ、塩分のとりすぎはかえってよくないので、塩分は1日8g前後におさまる範囲にしておきましょう。

東洋医学で赤ら顔は、血行の悪さが原因!

怒る女性
赤ら顔は、赤くなっているから、
「血行が良くなりすぎている?」って思いがちですが、違います。

赤ら顔は、顔の皮膚表面にある毛細血管が広がり、元に戻らない状態です。
つまり、「停滞状態」といえます。
(ちなみに、ほほだけ赤い人は、便秘や生理不順も考えられます。)

ポイント
これら、赤ら顔を引き起こす原因は、
東洋医学的に、
内臓機能の低下・自律神経の乱れ・血流の悪化などと捉えます。
また、この状態を引き起こすのが、ストレスやお酒の飲み過ぎなどです。

ぶっちゃけ鍼灸師

先ほど紹介した「赤ら顔のツボ【通里つうり】」には、
内臓機能の低下を正常にして、新陳代謝を促す効果があるので、ぜひとも赤ら顔を改善してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です