ヒザの痛みに効くツボ!歩くと痛い、、、階段がつらい、、、

膝痛 女性

ひざの痛みのツボ!

膝が痛い女性

  • 歩くのが痛い、、、
  • 階段がつらい、、、
  • 正座ができない、、、
  • ひざガクガクする、、、

ひざの痛みもつらいですよね、、、
歩くのも困難になると、大変です。

ぶっちゃけ鍼灸師

そんなときはぜひとも、ひざの痛みに有効なツボを使ってみてください!
現役鍼灸師が、画像でわかりやすく解説しております。
それでは一緒に見ていきましょう!

ひざの痛みに効くツボ 【内膝眼ないしつがん】と【外膝眼がいしつがん

膝の痛みに効くツボ内膝眼と外膝眼

内膝眼ないしつがん】と【外膝眼がいしつがん】の場所

ひざのお皿のすぐ下にあるくぼみがツボです。
内側のくぼみが【内膝眼ないしつがん
外側のくぼみが【外膝眼がいしつがん

内膝眼と外膝眼の位置関係

内膝眼ないしつがん】と【外膝眼がいしつがん】の押し方

内膝眼押し方
両手を使って指圧しましょう。
両方の人差し指をくぼみにあてながら、
グイグイと指圧してください。

5秒間を10回が目安です。

ヒザの痛みのツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが効果が高いのでおすすめします。
せんねん灸で結構ですので、近くの薬局や通販でせんねん灸を購入して試してみてください。

ヒザの痛みのツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間~1か月くらいは継続してお灸をしてみましょう。

ヒザの痛みのツボの効果を高めるためにして欲しいこと

東洋医学で考えた場合、膝の痛みは「脾」と関係が深くなります。
この「脾」の症状は、甘い物の食べ過ぎ・不安などで悪化します。
ですから、日頃から甘い物を食べないように心がけましょう。
また、過度な不安もよくありませんので、注意してください。

ひざの痛みを予防するには体重が重要!

膝が痛い男性
ひざの痛みは、やはり体重がとても重要です。
いま、ひざの痛みで悩んでいるほとんどの人が、
5kg~10kgもの減量ができたら、ひざの痛みは、ほぼなくなります!
なるべく、少しずつでも減量できるように心がけましょう!

また、足の筋力低下ひざの痛みの原因になります。
筋力が弱いと、ひざの軟骨に負担がかかりやすくなり、炎症を起こして痛みが発生します。
日頃から、ウォーキングをするなど、筋力低下防止にも努めてください。

ぶっちゃけ鍼灸師

歩くの痛くてウォーキングできない場合は、プールの中でウォーキングをすれば、ヒザに負担が少ない状態でウォーキングできます。
もちろん筋力アップに有効です。
ポイント
もちろん、靴はスニーカーひざには優しいので、スニーカーを履くようにしましょう。
また、市販されているひざサポーターひざの痛みに有効ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です