胆石のツボ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、胆石のツボを画像でわかりやすく解説しています。
胆石のツボにより、胆石の自然排出を促すことが確認されています。
東洋医学だと副作用がありませんのでぜひ参考にしてください。
胆のうイラスト
メモ
ツボだけでなく注意事項もあるので、最後まで読んで下さい。

胆石のツボはこちら

メモ
  • 期門きもん・・・期門の場所はこちら
  • 日月じつげつ・・・日月の場所は「期門」の下1cmにあります。
 

ぶっちゃけ鍼灸師

胆石のツボについての注意事項がありますので、必ず目を通してくださいね。

胆石のツボは、お灸のほうが効果的です。

指圧よりもお灸のほうが効果が高いのでおすすめです。

胆石のツボは1日に何回するといいの?

朝晩と、1日2回のお灸がおすすめです。

胆石のツボは、どれくらい続けると効果あるの?

2週間~1ヶ月ほど続けてみましょう。

胆石のツボが有効になるケース

胆石症の図解

メモ
  • 1cm以下の胆のう結石であり、胆のうの排出機能に問題がないもの
  • 総胆管そうたんかんでの結石が1cm前後であり、胆管に狭窄がないもの
  • 肝臓内細胆管さいたんかんに結石が多発しているもの

どのように胆石のツボが効果を示すのか?

メモ
  1. 鍼灸治療によって、胆汁の流量が増加します。
  2. 胆のうの、括約筋かつやくきん(胆のうの筋肉)がよく動くようになります。
1.2によって胆石の排出に効果的とされています。
※ただし、1cm未満の結石に限る。

痛み・発熱・黄疸がある場合は、すぐに病院へ!

鍼灸師
胆石の症状として、痛み・発熱・黄疸があります。
(黄疸は体が黄色くなること)

これらの症状が出ている場合は、ツボではなくすぐに病院に行くようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です