カゼのときは、なぜ消化に良い物を食べるといいの?なぜおかゆなの?

おかゆ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、健康食品管理士の資格を持つ私が「風邪カゼのときにはなぜ、消化に良いものを食べるのか」について解説しています。

カゼを引いたら 「消化に良いもの食べて下さい。」 と言われませんか?

熱がでている男の子
風邪カゼを引いて病院に言ったら 「お薬出しておきます。後は消化に良いものを食べるようにしてくださいね。」 って言われたことありませんか?

また、風邪カゼを引いたら、おかゆを食べますよね?
これってなぜだかご存知ですか?

ただ単に「 風邪カゼを引いたら消化する能力が落ちているから、、、 」というだけではないのです。

ぶっちゃけ鍼灸師

実は、消化に良いものを食べると風邪カゼを早く治す効果があるのです!
ではそのメカニズムを解説していきます。

消化に良いものを食べることで風邪カゼが早く治る!

ポイント
「なぜ、風邪カゼを引いた時に、消化に良いものを食べたほうが良いのか」
これについて、もう少し詳しく述べます。
ごはん
風邪カゼという状態は、体内に風邪カゼウイルスが入り込み、免疫細胞と戦っている状態です。

もちろん、熱があるときは、免疫細胞に全力を注いでいるときなので、消化能力が落ちます。
そんな時に、せめて負担をかけないよう「消化に良い物を食べた方が良いよ」という理由もあるのですが、もう一つ風邪カゼを早く治すというしっかりとした根拠があるのです。

その根拠とは「体内酵素」だった!

ポイント
人間の体内には、体内酵素たいないこうそといって、消化や代謝を助けてくれるものがあります。

この体内酵素の働きは活動が決まっており、消化部隊と代謝部隊に振分けられるのです。
実は、風邪カゼを引いた時は、代謝部隊を優先させたほうが、風邪カゼは早く治るのです。

じゃあ、どうすれば代謝部隊を優先することができるの?

代謝をあげるには、消化に手間がかからない食べ物(=消化に良い食べ物)にすることです。
ですから、おかゆなど「消化にほとんど手がかからないもの」を食べたほうが良いのです。

ポイント
代謝がアップする→風邪カゼが早く治る ということなのです。
ポイント
つまり、風邪のときに「消化に良いものを食べる理由」としては主に2つ
・風邪のときは、消化能力が下がっているので胃腸に負担をかけないように
・消化に手間取らずに代謝をあげて、病気を早く治すため

普段からも代謝を上げたいなら、食べ過ぎない!

バツを出す女医
昔の人は、「 腹8分目医者要らず 」とよく言いましたが、まさにその通りです。

ポイント
代謝がアップすると、すごい↓

  • 体も疲れにくい
  • 内蔵も元気
  • 太りにくい
  • 病気にもなりにくい

逆に、食べ過ぎは、それだけ消化に手間がかかります。
体内酵素を使用できる残量は限られているので、消化に手がまわると代謝が落ちるのです。
もちろん、なかなか治らない長年の肩こりや腰痛だって、代謝が高いほうが治りやすいのです。
ですから、普段から消化によい食べ物を食べるようにしていると体は、いつまでも若く、元気でいられますよ。(*^_^*)

ポイント
おすすめ関連記事

このページのまとめ

  • 風邪を引いた時に「消化に良いものを食べる理由」は2つある
  • 1つは、弱っている胃腸に負担をかけないため
  • 2つ目は、消化の手間を減らして、代謝をあげるため(代謝があがると風邪が早く治りやすい)
  • 代謝をあげるためには、「食べすぎない」こと「消化に良いものを食べる」ことが重要である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です