若くても姿勢が悪くなるサルコペニアとは?筋肉減少が肩こり腰痛に!

ぶっちゃけ鍼灸師

いつまでも治らない肩こり・腰痛はサルコペニア(筋力低下)が原因だった!?サルコペニアだと、姿勢が悪かったり、冷え性・むくみ、体の体調不良などが起こります。その理由と予防方法などを鍼灸師の観点から説明します。

20代でも姿勢が悪くなるのは、病気かも!?

聴診器を持った女医
近頃、姿勢が悪い人がめっぽう増えたと思います。
しかし、この姿勢の悪さが病気の可能性があるとしたら、驚きませんか?


メモ
実は、そんな病気があるんです!
若い世代の、「悪い姿勢の原因となっています病気」
その名も ”サルコペニア” と言います。

サルコペニアとは?

ジム 男性
サルコペニアとは、日本語では

メモ
加齢性かれいせいに伴う筋肉減少症きんにくげんしょうしょう とされています。

つまり、老化によって筋肉が弱くなってくるという状態です。
筋肉は使わないと、どんどん弱くなっていきます。
それは、年齢に関係ありません。

メモ
例えば、宇宙飛行士さんたちは、数週間の間、無重力で生活しますが、地球に帰ってきた時に、しっかり歩けないほど筋力が低下するというくらい、筋力が弱るのは早いのです!

サルコペニア(筋力が低下する)の原因!

ランニング 男性

  1. 運動不足
  2. 低栄養
  3. 神経の衰えによる筋肉刺激の減少
  4. 性ホルモンや成長ホルモンなど筋肉を保つホルモンの減少
  5. 環境



特に、20代の女性などはもともと筋肉量が少ないのに、
無理なダイエットによって低栄養となり、サルコペニアになる可能性があります。

サルコペニア(筋肉が減少)になると、肩こり・腰痛の原因になる!

ぶっちゃけ鍼灸師

サルコペニアになると、肩こり・腰痛の原因になります!
その理由をまとめてみました。

1:筋力が少ないのですぐに疲労する

筋力が人よりも少ないので、同じ仕事をしても、サルコペニアの人のほうが、疲れてしまいます。
いわゆる疲労物質も溜まりやすいので、肩こり・腰痛が起こりやすいといえるのです。

2:筋力が少ないので姿勢を保持できない

筋力が少ないと、そもそも姿勢が保持できなくて悪い姿勢になります。
悪い姿勢になると、疲労が溜まりやすく「肩こり・腰痛」の原因となります。

ぶっちゃけ鍼灸師

肩こり・腰痛だけじゃやなく、サルコペニア(筋力低下)によって、起こる症状がたくさんあります。

筋肉が低下することによって起こる【その他の症状】

ヨガ 女性 イラスト

  • 低体温
  • 冷え性
  • むくみ
  • 血流低下
  • 姿勢が悪くなる
  • 呼吸機能低下
  • 内蔵機能低下
  • 消化機能低下
  • 肩こり・腰痛

などがあげられます。
なぜ、筋肉量が低下したらこのようなことが起こるのかといいますと、筋肉は姿勢を維持するだけではないからです。
筋肉は、熱を作ったり、血流を良くする作用があり、姿勢の他に重要な器官なのです。

筋力を低下させないために!(サルコペニアの予防)

バランスボール イラスト
筋力を低下させないためには
当たり前ですが、筋トレです。

  • 普段から、エレベーターを使わずに階段を使う。
  • 自動車に乗らずに、歩く
  • ジムに通う

などなど、普段から運動を意識することで、筋力を維持・増強できます。
また、筋力の維持・増強は、姿勢を正しくするためにも必要です。

また、筋肉をつくる栄養となるタンパク質も、十分に摂取するようにして下さい。

メモ
余談ですが、
キレイになりたいがために、過度なダイエットをしたとしても
筋力が痩せて、姿勢が悪くなると老けて見えます。
さらに、体温が下がることで代謝も下がりどんどん老化が進むので、
痩せるなら、筋力をつけながらダイエットすることをおすすめします。

筋力は何歳になっても鍛えられます!

内転筋 筋トレ
筋力は、使わないと低下する、、、
と言いました。
反対に、筋力は使えば、何歳になっても付きます。
90代でも関係なく筋肉を鍛えることはできます。
(筋肉が付くことは可能)

ぶっちゃけ鍼灸師

よく、90代でも全速力で走るおばあちゃんとか、テレビで見ますよね(^_^)
あれは、筋力がしっかりしているから、できることなのです。
誰でも、何歳でも筋トレすれば、筋肉は鍛えられるように、体はなっています。

ですから、意識しながら筋肉をつけることによって、肩こり・腰痛の予防だけでなく、アンチエイジングにもなりますよ!

関連ページ

このページのまとめ!

  • 姿勢が悪くなる病気に「サルコペニア」がある!
  • サルコペニアとは、筋力が減少すること
  • サルコペニアになると、肩こり・腰痛の原因になる!
  • サルコペニアを予防するのは、筋力を鍛えること!
  • 筋力は何歳でもつけることが可能

ぶっちゃけ鍼灸師

いかがでしょうか?
若いのに、姿勢も悪くて、肩こり・腰痛がひどい場合は、サルコペニア(筋力低下)の可能性があります。
サルコペニアは筋トレすれば、誰でも改善するので、やってみましょう。
体の不調がいろいろと改善しますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です