ガンになりやすい食べ物・ガンになりにくい食べ物!今すぐガン予防!

りんごとカルテ

ぶっちゃけ鍼灸師

こちらでは、ガンになりやすい食べ物・ガンになりにくい食べ物を具体的に発表しています。これらを知っておくと、ガン予防にとても役立つので、ぜひ参考にしてください。ガンには遺伝性があると言われるので、ガン家系の人はとくに注意してください。

日本人のガン患者が急増中!

女医
いまや2人に1人が【ガン】になる時代って知ってましたか?
すごいですよね、、、(^_^;)

さらにガンになった人の中から、3人に1人が【ガン】で亡くなるという計算です。
なので健康で長生きしたけりゃ、ガン予防が重要なのがよくわかりますね。

なぜ、日本人にガン患者が急増しているのか?

ポイント
ガンは昔に比べてとても増えています。
単純に、平均年齢が上がったというのもありますが、それよりも大きな原因があります。
それが、食生活の変化です。
それほどまでに、食生活と私たちの病気(ガン)というのは、大きな関係があります。

では、どうすれば「ガンになりにくい体」になるのでしょうか?

診断書 イラスト

そもそも、ガンの細胞というのは、健康な人でも毎日作られます。
なんとその数、毎日3000~5000個も発生しています。
ところが、免疫力めんえきりょくがしっかりしていると、ガン細胞をきちんと撃退してくれるのです。


ポイント
つまり、ガンにならないためにポイントは2つ!

  1. 免疫力めんえきりょくを上げておくこと!
  2. ガンになりやすい食事を避けること!

【ガンになりやすい食べ物】と【ガンになりにくい食べ物】がある!

ぶっちゃけ鍼灸師

おまたせしました。
ここから本題に入っていきましょう。
食べものには、【ガンになりやすい食べ物】と【ガンになりにくい食べ物】があるんです。
これらをしっかりと、把握してガンを未然に防ぎましょう!
では、ガンになりやすい食べ物から、発表していきます!

これが「ガンになりやすい食べ物!」

ガンになりやすい食べ物!その1【食塩】

食塩 イラスト
まず、ガンになりやすい食事ですが、ズバリ塩分です!
現代では、塩分の摂り過ぎが問題視されていますが、
塩分の多い食事をつづけていると、細胞のミネラルバランスが崩れ、ガン細胞を作りやすくなると言われています。

ガンになりやすい食べ物!その2【動物性脂肪・タンパク質】

牛イラスト
それから、牛・豚・羊などの4本足の動物の肉に含まれる動物性脂肪動物性タンパク質です。
動物性脂肪や動物性タンパク質の摂り過ぎは、腸内で消化しにくくなり、腐敗を起こします。

結果、毒素が発生し、この毒素が腸内から吸収され全身へとめぐり細胞を傷つけるのです。
これが、ガンの原因になると言われています。

ぶっちゃけ鍼灸師

さて、ガンになりやすい食べ物を紹介しました。
続いては、「ガンになりにくい食べ物」を発表していきます。

「ガンになりにくい食べ物!」

ガンになりにくい食べ物!野菜・果物

野菜とジュース
反対にガンになりにくい食べ物というのは、主に2つ!

ポイント
  1. カリウム
  2. 抗酸化物質こうさんかぶっしつ(ポリフェノールなど)

カリウムの働き

カリウムには、体内の余分な塩分を排出して、細胞が傷つくのを防いでくれます。

ポリフェノールの働き

そしてポリフェノールは、ガンの原因となる活性酸素かっせいさんそ(フリーラジカル)を除去する効果があります。

カリウム・ポリフェノールを多く含む食べ物

この2つを多く含む食べ物は、野菜や果物です。
さらに、野菜や果物は食物繊維が豊富なので、腸内に未消化物をとどまるのを防ぎ、腸内環境改善に役立つのです!

ぶっちゃけ鍼灸師

腸内環境が改善されると、毒素を発生しにくくなるので、ガン細胞をすぐにやっつける体(免疫力が高い身体)になりますよ。

あなたの食生活大丈夫ですか?

ハンバーガー
あなたの食生活はキチンとしてますか?
特に、外食・ファーストフード・コンビニの食事などは、減らすようにしていきましょう!

これらの食事は、動物性脂肪・タンパク質が多くて、塩分も多いです!

こんな食事を毎日続けていると、ガンになるリスクが高まりますよ!

ですから、野菜や果物もしっかり食べるようにして
ガンになるリスクを減らすようにしてくださいね(^^)

食べ過ぎという行為は、ガンのリスクを高める

ガンになりやすい食べ物・ガンになりにくい食べ物に関係なく、食べ過ぎという行為は、消化に追いつかない状況となり、腸内環境が悪化してしまいます。
そうなると免疫力が下がり、ガン細胞をやっつけきれなくなります。

昔から、腹八分目医者いらずと言いますが、そのとおりで、いくらガンになりにくい食べ物だといっても(野菜・果物)だといっても食べ過ぎはよくありませんし、ガンになりやすい食べ物(外食・ファーストフード)の食べ過ぎは、なおのことガンになりやすいです。
この食べ過ぎないということも知っておいてください。

このページのまとめ

  • 日本ではガン患者が増えている
  • ガン患者が増えた理由は、食生活の乱れ
  • ガンになりやすい食べ物となりにくい食べ物がある
  • 食べ過ぎは、腸内環境を悪化させ、ガンになりやすい身体にしてしまう。

2 Comments

ななごろう

いつもサイトを拝見させていただいております。食べ過ぎはいけないとわかっていますがついつい、夜、帰宅してからだらだら食べてしまいます。どうしたらスパっと止めて寝ることができるでしょうか。

返信する
ぶっちゃけ鍼灸師

「ななごろう」さんコメントありがとうございます!(^^)
「食べ過ぎ・間食を防ぐ方法」ですね。
それはこちらのページにまとめていますので御覧ください↓
https://k-kori.com/kenkouhou/168.html
一番のおすすめは、「ハミガキ」をしてしまうことです。

それから、どうしても間食が我慢できない場合は、りんごを食べてください。
りんごならば「太らないし、体にも良い」ので、食べてOKです!

りんこの食べ方にもコツがあります。
「皮ごと、丸かぶり」で食べてください。
そうすれば、「満足度が高く・栄養価(ポリフェノールなど)も高い」です。

皮ごとだと、農薬などを気にされる方も多いですが、水洗いをすれば農薬は落ちます。
また、りんごの皮の「ベタベタ」は、あれは果粉といって、果物から出ているものなので体に害はありませんのでご安心を!(^^)

参考になりましたら幸いです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です